ミックスボイスでしか歌えなくなる方法

実践派ボイストレーニング散文録

発声法分析:フレディ・マーキュリー(Queen)

現代音楽史の中でもっとも偉大なシンガーの一人。
クイーンのボーカリスト、フレディ・マーキュリー。
インドで幼少期を過ごし、七歳の頃にピアノを習い始めたそうです。

デスボイスとクリーン歌唱の両立について

A.強めの呼気を喉全体で受け流す

これはミックスボイスの先にある高等発声技術。

B.強めの呼気を前上(鼻)にぶち当てる

プロアマ問わず、大半のデスボイサーはこちら。
前上だけは最初から使えてる人が多いから、
どうしてもそこに頼ってしまいがち。

クリーンで歌うと当然シムる。
普通の曲だと上手に歌えない。

発声法分析:KONTA・杏子(BARBEE BOYS)

BARBEE BOYSのツインボーカル、KONTAさんと杏子さん。
KONTAさんは東京都新宿区のご出身。サックス、ギター、ピアノ、色んな楽器が演奏できるそうです。
杏子さんは長野県松本市のご出身。高校時代からバンド活動をやっていたそうです。

発声法分析:yasu(Janne Da Arc、Acid Black Cherry)

Janne Da Arcの元ボーカリストyasuさん。
大阪府枚方市のご出身で、身長は165cm。
BOØWY、DEAD END、ユニコーン等に影響を受けているそうです。

発声法分析:薔薇園アヴ(女王蜂)

ロックバンド女王蜂(じょおうばち)のボーカル・ギター担当、薔薇園アヴさん。
詳しいプロフィールは未公表だそうです。