archive: 2017年07月  1/8

歌うとき顎を上げるか上げないか

No image

高音で顎が上がってしまう人は顎を引き気味でキープしただけで1音くらい余裕が出たりします。私はミドルボイスの最高音付近がずっと安定しなかったのですが、これに気づいた瞬間にあっけなく解決しました。顎を引きつつ、斜め上(裏声寄り)か斜め下(地声寄り)を見据える感覚。騙されたと思って試しにやってみてください。結果騙されたと思った人は喉締めの可能性アリです。音は出たけど息苦しかった人はハイラリ気味かもしれま...

  •  0
  •  closed

脱力検定:尾崎紀世彦/また逢う日まで

No image

難易度:初級【ブレス位置指定】二人でドアを閉めて二人で名前消して(ブレス)その時心は何かを話すだろう尾崎紀世彦/また逢う日まで(脱力)【達成条件】・アクビ喉をキープ・口をあまり開けない・呼気は鼻歌+αを厳守・張り上げ+喉締め厳禁・ブレス位置を厳守【攻略法】なるべく地声寄りのミックスボイスで歌ってみてください。ブレス条件がクリアできない場合は脱力不足か地声の持ち上げ過ぎです。最高音は「mid2F#」です。こ...

  •  0
  •  closed

完璧な音程

No image

Youtube等でたまに見かけるのですが、生歌風に見せかけてエフェクトをバリバリに掛けている人。もう少し上手く誤魔化せないのか、ってくらいオートチューン全開だったりします。まるで人面ボーカロイドです。フレーズの途中で声がシンセサイザーになっています。歌自体は下手ではないと思うのですが、あの感じだと合っている音程の方が少ないのではないでしょうか。ちょっと耳が良ければ違和感に気づくし、MIXに携わっている人なら...

  •  0
  •  closed

発声におけるベルヌーイの定理

No image

ベルヌーイの定理とは「流体の速度が増加すると圧力が下がる」という流体力学の基礎です。風圧や水圧がかかると障害物の周囲に引力が発生するということらしいです。これが歌や発声に何の関係があるのかというと、風圧と障害物……つまり呼気と声帯です。適切な呼気を吹き込めば、声帯同士が勝手にくっつくということです。風圧は強過ぎても弱過ぎてもダメです。適切にコントロールされた呼気が絶対条件です。声帯もお互いに離れ過ぎ...

  •  0
  •  closed

歌に心を込めることの弊害

No image

適当に作った曲が一番売れたりします。シンプルな方が100万人の心に響くからです。適当に歌ったのに意外と評価されたりします。頭空っぽの方が良い声が出るからです。その反対に意気込み過ぎて空回りするのもよくあるパターンです。そして意気込んでしまったがために、低評価に腐ってしまいます。人間は機械ではありません。感情の生き物です。歌い回しに気を配るのは良いと思います。心を込めるのも良いでしょう。少しくらい不恰...

  •  0
  •  closed