archive: 2017年07月  1/4

歌うとき顎を上げるか上げないか

No image

高音で顎が上がってしまう人は顎を引き気味でキープしただけで1音くらい余裕が出たりします。私はミドルボイスの最高音付近がずっと安定しなかったのですが、これに気づいた瞬間にあっけなく解決しました。顎を引きつつ、斜め上(裏声寄り)か斜め下(地声寄り)を見据える感覚。騙されたと思って試しにやってみてください。結果騙されたと思った人は喉締めの可能性アリです。音は出たけど息苦しかった人はハイラリ気味かもしれま...

  •  closed
  •  closed

脱力検定:尾崎紀世彦/また逢う日まで

No image

難易度:初級【ブレス位置指定】二人でドアを閉めて二人で名前消して(ブレス)その時心は何かを話すだろう尾崎紀世彦/また逢う日まで(脱力)...

  •  closed
  •  closed

完璧な音程

No image

Youtube等でたまに見かけるのですが、生歌風に見せかけてエフェクトをバリバリに掛けている人。もう少し上手く誤魔化せないのか、ってくらいオートチューン全開だったりします。まるで人面ボーカロイドです。フレーズの途中で声がシンセサイザーになっています。...

  •  closed
  •  closed

発声におけるベルヌーイの定理

No image

ベルヌーイの定理とは「流体の速度が増加すると圧力が下がる」という流体力学の基礎です。風圧や水圧がかかると障害物の周囲に引力が発生するということらしいです。これが歌や発声に何の関係があるのかというと、風圧と障害物……つまり呼気と声帯です。適切な呼気を吹き込めば、声帯同士が勝手にくっつくということです。...

  •  closed
  •  closed

歌に心を込めることの弊害

No image

適当に作った曲が一番売れたりします。シンプルな方が100万人の心に響くからです。適当に歌ったのに意外と評価されたりします。頭空っぽの方が良い声が出るからです。その反対に意気込み過ぎて空回りするのもよくあるパターンです。そして意気込んでしまったがために、低評価に腐ってしまいます。...

  •  closed
  •  closed

脱力検定:KANA-BOON/シルエット

No image

難易度:中級KANA-BOON/シルエット(脱力)...

  •  closed
  •  closed

エフェクト(音響効果)を切ろう

No image

主な音響効果エコー:残響音のこと。リバーブ:遅延時間(レイテンシ)が短いエコー。ディレイ:遅延時間が長いエコー。コンプレッサー:閾値以上の音を圧縮する機能。エフェクト山盛りだと上手く聴こえるし、気持ち良く歌えるかもしれませんが練習効率は悪いです。声の「張り」や「艶」といったオカルト要素に磨きをかけたければ迷わず切ってください。機械に頼った「幻想的な響き」のせいで試行錯誤自体が難しくなります。発声の...

  •  closed
  •  closed

脱力検定:Janne Da Arc/月光花

No image

難易度:初級Janne Da Arc/月光花(脱力)...

  •  closed
  •  closed

ユーアヒューマン!

No image

人間の喉、発声の仕組みは現代でも謎な部分が多いです。そこに付け入るのが一部のボイストレーナーだったり宗教家だったりします。癒しだのヒーリングだの、界隈でカルト用語が飛び交うのはそんな理由だと思います。ヨガ教室はカルト宗教の入り口だったりします。いわんやボイトレ教室もです。関連記事:「どうしてインチキがのさばるのか」...

  •  closed
  •  closed

漢の美学、地声ミドル

No image

※気質的に「脱力」や「裏声」が合わない人に向けた内容なので、ブログの原理原則に反することも書いています。男性の使用音域的にミドルボイスの習得というのは一番の関心事だと思います。ミドルボイスって……定義が曖昧というか、定義自体意味がないような気がするんですけれど。とりあえず地声では出しづらくなる音域から裏声までの音域としますね。...

  •  closed
  •  closed