archive: 2017年09月  1/2

真顔で歌える?

No image

ちょっと一緒に歌ってみてください。A.HY/366日(-5)高音部やファルセットを出すときに顔をくしゃくしゃにしていませんか?たいした声も出せていないのに、はっきり言って見苦しいです。このくらいの音域と声量は真顔で出してください。真顔で歌う。現代歌唱法の源流たるベルカント唱法の基本です。……え? そんな基本は聞いたことないって?私も適当に調べただけなので、実際のところはよくわかりません。まあ、ベルカントにも色...

  •  0
  •  closed

クセがすごい!

No image

でもなんかクセになる。そういうアーティストって沢山いますよね。名前を挙げるとキリがありませんが、声や歌い方に個性があってよくモノマネされる人たちです。そういう人たちって、初期は意外とあっさり目に歌ってたりするんですよね。ちょっとずつ個性を出してきて、それが世間に認められるとクセは段々強くなる傾向にあるのかな、と思います。私にとっての「クセがすごい!」はオリジナル・ラブの田島貴男さんです。鼻にかけた...

  •  0
  •  closed

地声が強すぎる、という勘違い

No image

地声が強すぎる。地声系の筋肉が強すぎる。閉鎖筋群や胸骨甲状筋が強すぎる。声帯の伸展は引っ張り合うバランスが重要ですから、ミックスボイスが出せない一因とも言えます。では地声が強い人ってどんな人でしょうか?普通に考えればチェストボイスが強い人ですよね。しっかりと喉を開いた上で、話し声の音域からバリバリとエッジを鳴らせる人。あなたはそうですか? 周囲にそんな人がいますか? 地声系がそこまで発達しているな...

  •  0
  •  closed

外国ノ曲ハ片仮名デ歌イマセウ

No image

日本には平安時代から伝わる便利な音節文字「カタカナ」があります。カタカナで表記できない言葉は皆無といっても過言ではありません。あなたが外国語の曲を歌いたいなら、聴こえたままをカタカナに変えてしまえばよいのです。文節とか意味はあまり気にしなくていいです。呪文を聴き取るような感覚です。日本人が聴こえた通りに日本人が歌えば、普通の日本人には外国語に聴こえるはずです。まあ少しだけ面倒ですが、一から外国語を...

  •  0
  •  closed

ハスキーは作れる

No image

ハスキーボイスハスキーボイスとはしゃがれ声やかすれ声のことです。ほとんどの人は後天的であり、声門閉鎖がきちんと閉じないがために息が漏れている声です事故、病気、加齢、酷使、無茶……これらの原因により喉が弱っている状態、軽度の障害を抱えているともいえます。悪声といえば悪声ですが、耳障りであるということが必ずしも悪いとは限りません。四六時中隣で喋られると鬱陶しいですが、歌として聴くぶんには個性的で魅力的な...

  •  0
  •  closed