archive: 2017年11月  1/2

好きなボーカリスト

No image

バンドやグループ、楽曲も好きですが。どちらかというと声質や歌い方が好みだったり、発声面で影響を受けている人たちです。吉田菫(SILENT SIREN)ベルガモット系。甘ったるいけどすっきり爽やか。脳天で弾けるような中高音域が魅力的で、スポーツドリンクのCMを延々と見ている気分になります。声優の伊藤かな恵さんも同系統の声ですが、グリップが強いぶんトーンが落ち着いています。Fuki(LIGHT BRINGER DOLL$BOXX)女性らしさ...

  •  2
  •  closed

アウトレイジメソッド

No image

※方向を間違えると(合ってても)喉を痛めやすい練習法です。※試してみる人は力加減や喉の違和感に十分注意してください。役者にとっても歌手にとっても、喜怒哀楽の表現で一番難しいのは「怒り」だと思います。他の三要素はそこまで練習する必要がないというか、「怒り」が表現できるなら勝手についてくるってくらい簡単ではないでしょうか。ドスを利かせる≒チェストを入れる激情に任せてチェストボイスを鍛え、ついでにチェスト...

  •  6
  •  closed

腹圧アプローチ 危険度☆☆

No image

喉を開いたまま響く声を出す。この発声感覚を体感してもらうためのアプローチです。どうしてもミックスボイスが見つからないって人には有効かもしれません。あまりよろしくない発声法ですが、これで歌い続けるわけではないのでそこまで問題はないと思います。1.アクビをする(エアあくびでオッケー)2.アクビを途中で止める(息を止める、完全閉鎖の状態)3.お腹に力を入れて腹筋を固める(肺と声帯の間で呼気が滞留or圧縮されてい...

  •  0
  •  closed

簡単にベルティングができるようになる方法

No image

そんなものはない!ベルティングで検索して来ている人が多いようなので、少し補足を入れておきます。……釘を刺しておく、とも言います。地声のような力強いハイトーン。いったいどうやって出しているのでしょうか。確かアメリカ(?)のアンケートだったと思うのですが……。ベルティングができる歌手やミュージカル俳優のほとんどは誰に習ったわけでもないそうです。しかもボイトレ経験すらない人が過半数だったような気がします。お...

  •  0
  •  closed

リップロールの弊害

No image

個人的には声を軽くするというか声を弱くする練習だと思っています。発声を根本から見直すにあたり、まずはプルプルと試してみましたが……。あ、こりゃダメだ。たいして知識のない段階でもすぐに気がつきました。私がリップロールをやった延べ時間は15分にも満たないはずです。リップロールが本当に発声の基礎で効果的な練習法だというのなら、私は基礎をすっ飛ばしているということになります。地声が強すぎる人には効果があるかも...

  •  0
  •  closed