archive: 2017年11月  1/1

好きなボーカリスト

No image

バンドやグループ、楽曲も好きですが。どちらかというと声質や歌い方が好みだったり、発声面で影響を受けている人たちです。吉田菫(SILENT SIREN)ベルガモット系。甘ったるいけどすっきり爽やか。脳天で弾けるような中高音域が魅力的で、スポーツドリンクのCMを延々と見ている気分になります。声優の伊藤かな恵さんも同系統の声ですが、グリップが強いぶんトーンが落ち着いています。Fuki(LIGHT BRINGER DOLL$BOXX)女性らしさ...

  •  2
  •  closed

アウトレイジメソッド

No image

※方向を間違えると(合ってても)喉を痛めやすい練習法です。※試してみる人は力加減や喉の違和感に十分注意してください。演技や歌唱に必要な「怒り」の発声感覚役者にとっても歌手にとっても、喜怒哀楽の表現で一番難しいのは「怒り」だと思います。他の三要素はそこまで練習する必要がないというか、迫力のある「怒り」が表現できるなら勝手についてくるってくらい簡単ではないでしょうか。ドスを利かせる≒チェストを入れる激情...

  •  6
  •  closed

簡単にベルティングができるようになる方法

No image

簡単にベルティングができるようになる方法・コツそんなものはない!ベルティングで検索して来ている人が多いようなので、少し補足を入れておきます。……釘を刺しておく、とも言います。地声のような力強いハイトーンいったいどうやって出しているのでしょうか。確かアメリカ(?)のアンケートだったと思うのですが……。ベルティングができる歌手やミュージカル俳優のほとんどは誰に習ったわけでもないそうです。しかもボイトレ経験...

  •  0
  •  closed

歌唱法解説:舌足らず唱法(?)

No image

ウィスパー、ハスキー、リスピング(舌足らず)。これらを組み合わせた歌唱法の解説です。歌手で言うとcharaさんとかUAさんの系統だと思います。いとうかなこ/Hacking to the Gate呼気少なめ、閉鎖緩め、鼻腔共鳴強め。馬鹿にしているつもりはありません。わかりやすく歌っているだけです。男性向けに説明するなら裏声アプローチでヘッド下ろしの感覚です。関連記事:「ハスキーボイスは作れる」関連記事:「鼻声と鼻腔共鳴の違い...

  •  3
  •  closed

歌唱法解説:フェイク・メリスマ

No image

fake……偽造faker……いかさま師歌唱技術でいうところの「フェイク」はyeahhhとかfuuuuuとかで曲の合間を埋めたり、リズムやメロディーを崩して歌うことである、と一応定義します。個人的にはフェイクというより「フェイント」の方がしっくりきます。相撲でいう「猫だまし」みたいな小賢しいテクニックなので、あまり多用すると聞き手の素直な感想としては「なんかムカつく」ってなります。どれだけ歌が上手くてもナルシスティックで...

  •  7
  •  closed