archive: 2018年01月  1/1

テノールとバリトンを兼ねる

No image

テノールとバリトンの違い高音発声時の眉毛に注目です。下がり眉……テノール上がり眉、平行眉……バリトンこんな怪しい選別法はさておき、テノールの音域……mid1C(C3)~hiC(C5)バリトンの音域……lowG(G2)~mid2G(G4)音域の広さと声質の幅が充分なら、テノールとバリトンは自己申告次第だと思います。秋川雅史さんやヨナス・カウフマンはバリトンの太さを持ったテノールなので、明日からでもバリトンとして充分活躍できると思い...

  •  closed
  •  closed

フースラーメソッドの欠陥

No image

フースラー村の住民はなぜ歌が下手なのですか?どうして「普通の歌」を普通に歌わないのですか?うん。良い質問だね。これに関しては少し複雑なんだが、複雑になるまでは単純だった。...

  •  closed
  •  closed

発声と力加減:マッチョなお嬢様

No image

マッチョは力任せで大雑把筋肉がつくと動きが遅くなる見せ掛けの筋肉には意味がないこれらはよくある誤解です。もちろん「筋肉がつく」の程度にもよりますが、実際には筋肉が肥大しているほど、筋力と神経系は発達しています。動きの強弱は自在となり、繊細なコントロールが可能となります。...

  •  closed
  •  closed

喉締め発声

No image

喉締め発声とは喉締めの定義は様々だと思いますが、軟口蓋を上げて舌根を下げる。これが「喉を開いた状態」とするならば……。軟口蓋を下げて舌根を上げる。これを以って「喉を締めた状態」とは言い切れないような……。...

  •  closed
  •  closed

換声点・喚声点について

No image

換声点・喚声点とは換声点(喚声点)とは、声が裏返ったり不安定になるという「ブレイクポイント」のことです。高音ほど息を減らす低音でも高音でも同じ息の量こういった概念、私はナンセンスだと思います。これらを強く意識するから「換声点」に悩まされることになるのではないでしょうか。...

  •  closed
  •  closed