archive: 2018年01月  1/2

テノール? バリトン?

No image

高音発声時の眉毛に注目です。下がり眉……テノール。上がり眉、平行眉……バリトン。こんな怪しい選別法はさておき。音域の広さと声質の幅が充分なら、テノールとバリトンは自己申告次第だと思います。秋川雅史さんやヨナス・カウフマンはバリトンの太さを持ったテノールなので、明日からでもバリトンとして充分活躍できると思います。声の太いテノールと高音が出るバリトンはどこが違うのでしょうか。私は同じだと考えています。自己...

  •  2
  •  closed

俺流アンザッツ:ミドルボイス

No image

声帯が強く引かれた方向により、声質はどう変わるのか。曲はすべてクリスタルキングの大都会です。A.タラちゃん(脱力無作為)すべての元になる素材。タラちゃんが正解。クロちゃんではダメ。ミドルボイスは「子供の声」だから。B.アクビ喉(前上・前・前下)前方鈍角(110度?)をイメージ。安定感と響きに優れ、地声感もそこそこ。筋肉や神経を目覚めさせるために、まず目指すべき歌い方。C.アクビ喉(前上・前)男成分が抜けて...

  •  6
  •  closed

力加減

No image

マッチョは力任せで大雑把筋肉がつくと動きが遅くなる見せ掛けの筋肉には意味がないこれらはよくある誤解です。妄言です。実際には筋肉が肥大しているほど、筋力と神経系は発達しています。動きの強弱は自在となり、繊細なコントロールが可能となります。野球、サッカー、陸上競技、ダンス、重量挙げ等々。その人の筋肉と神経が何に特化しているか、の違いです。日常生活だと、力任せで大雑把なのはむしろ筋力の弱い人だと思います...

  •  0
  •  closed

喉締め発声

No image

喉締めの定義は様々だと思いますが。軟口蓋を上げて舌根を下げる。これが「喉を開いた状態」とするならば……。軟口蓋を下げて舌根を上げる。これを以って「喉を締めた状態」とは言い切れないような……。上擦った聞き苦しい声。すぐに声が枯れてしまう。声が側鳴りして響きが少ない。歌声に意図しないエッジがかかる。喉、顎、首、肩等に無駄な力が入っている。ここらへんの症状が重なるなら「喉を締めた状態」だと思います。特に重要...

  •  0
  •  closed

イメージ

No image

空や鳥をテーマにした高音曲は多いですよね。空を飛ぶ。翼を広げる。羽ばたく。風に乗る。これらはハイトーンを出しやすくするイメージだと思います。ハイトーン≒ヘッドボイス≒上方の響き≒上の意識≒空イメージが大切な場面があります。思い込みが邪魔なケースもあります。要は使いどころです。おおよそ間違っていなければ、何かの助けにはなるって感じです。高音発声時に地を這うミミズをイメージする人は少ないでしょうから。高音...

  •  0
  •  closed