archive: 2018年02月  1/2

正しいチェストボイスのお手本

No image

自分のチェストボイスが男性的であるか女性的であるか。喉締め換声点(mid2D付近)に悩んでいる人は気にした方が良いと思います。関連記事:「正しいチェストボイス」関連記事:「正しいチェストボイスへの道」関連記事:「正しいオク下」関連記事:「正しいチェストボイスの練習目的」関連記事:「チェストボイスやアクビ喉の本当のところ」...

  •  closed
  •  closed

正しいチェストボイスへの道

No image

胸に響くからチェストボイス。頭に響くからヘッドボイス。ヘッドボイスは生まれて直ぐに習得しているはずです。出せないのではなく、出し方を忘れているだけかもしれません。しかしチェストボイスはどうでしょうか。身体の成長に伴い喉仏が発達する。はっきりと声が低く太くなる。男性ホルモンに由来する男性特有の変化です。自覚できる「声変わり」はありましたか?あなたの地声はきちんと「男性の声」になっていますか?...

  •  closed
  •  closed

俺流アンザッツ:地声ヘッド

No image

地声感のある力強いヘッドボイスを出す方法です。声帯を最低でも四方向「前・後・上・下」に意識して引ける人を対象とします。関連記事:「声帯を引く方向(喉を開く方向)」...

  •  closed
  •  closed

正しいチェストボイス

No image

正しいチェストボイスとはチェストボイス。地声。土台になる声。基礎になる声。この時点で間違っていると、正しいミドルボイスも正しいヘッドボイスも習得できません。現象自体はミックスボイスになっていたとしても、あまり上手に聴こえない「癖のあるキモ声」になってしまいます。ミックスボイスの質を上げようと何年努力しても「どこか微妙な声」からの脱却は難しいと思います。関連記事:「悪質なミックスボイスに注意!」...

  •  closed
  •  closed

歌唱法解説:ヒーカップ唱法

No image

ヒーカップとはしゃっくりするように語尾をしゃくりあげる歌い方。語尾が「ヒュルンッ!」ってひっくり返る例のアレです。ロカビリーが起源らしいのですが、様々なジャンルで使われています。ヒーカップの使い手は女性アイドル(声優)やビジュアル系の歌手に多い印象です。...

  •  closed
  •  closed

目を閉じて歌ってみよう

No image

基準がないと歌えない?平均律、チューナー、メトロノーム、楽譜、歌詞カード、伴奏、音程バー。これらは上手く歌うための指標であり、あなたを縛り付ける「頚木」でもあります。裏声、声帯筋、アンザッツ、ベルカント、ミックスボイス、共鳴、呼吸法。これら発声に関する知識も無駄な情報、ややもすると邪魔な情報ともいえます。...

  •  closed
  •  closed

張り上げと和解せよ

No image

悪い発声の見本とされる「張り上げ」ですが、きちんとコントロールできているなら強力な武器となり得ます。以前にも書きましたが「張り上げでしか」歌えないのが問題なのです。喉締めやハイラリもそうです。自分で制御できているのなら立派なテクニックです。関連記事:「喉仏の位置:ハイラリ? ロウラリ?」関連記事:「悪い発声とは?」これらの「悪要素」を過度に避けるのが、個性も魅力もない量産型ボーカリストの特徴でもあ...

  •  closed
  •  closed

個人レッスン

No image

有料個人レッスンのご案内です。レッスンの内容はオーダーメイド。受講者の希望に沿います。...

  •  closed
  •  closed

唇の乾燥

No image

寒くて乾燥した日々が続きます。皮がめくれて呼吸するたびに痛い。端が切れて口を開けるたびに痛い。唇周りのトラブルで歌に支障が出ている人もいるかもしれません。水分不足や口呼吸などが原因だと思うのですが。この季節、気をつけていても荒れる時は荒れます。リップケアにはリップクリーム。バッグやポケットに常備している人も多いのではないのでしょうか。このリップクリーム。「薬用」と「医薬品」の違いをご存知ですか?薬...

  •  closed
  •  closed

鼻声ミックス

No image

鼻声ミックスとは鼻声みたいな歌声。鼻にかかったようなミックスボイス。開鼻声と閉鼻声がありますが、特に分ける必要性を感じません。おおよそが「鼻で歌っているような声」です。鼻声ミックス≠悪い発声単に鼻腔共鳴が強い声なので、これも好みの問題です。魅力を感じる人。違和感を覚える人。人それぞれです。...

  •  closed
  •  closed