archive: 2018年05月  1/2

良いライトチェスト

No image

ライトチェストとはチェストボイスが弱い状態。地声系筋群が少し稼動している状態。ライトチェストはネガティブな意味で使われがちですが、方向性の違い、音楽的に「良い」と「悪い」が存在します。【こんなライトチェストは嫌だ】...

  •  closed
  •  closed

正しいチェストボイス(女性版)

No image

女性にとっての正しいチェストボイス多くの女性は話し声がミドル音域なので、鎖骨や胸が響く錯覚が起こりにくいと思います。そしてプロアマ問わずほとんどの女性はエッジが細かくて上に飛んでいます。要するに裏声閉鎖。張り上げてもガナリ上げても裏声で強がっているようなものです。最近の男性歌手もこのタイプが多いので、男女の別なくライトチェスト全盛の時代ってわけです。関連記事:「裏声閉鎖と地声閉鎖」...

  •  closed
  •  closed

裏声最高音の広げ方

No image

Q.地声でhiA、裏声だとhihiCまで出るんですが、ボクの音域は広いほうなんですか? 調子がいいとhihiEまで出ます。オク下ではないです。Yahoo!知恵袋とかで見かけますよね。これ系の質問に答えてあげる人って余程暇なのかな、って思います。肝心の「裏声」が間違っていたら逆効果です。以下の関連記事に目を通しておいてください。関連記事:「正しい裏声」関連記事:「悪質なミックスボイスに注意!」関連記事:「裏声アプローチ...

  •  closed
  •  closed

良い声≒悪い声

No image

それが良い声。今のが良い声。さっきのが良い声。どれが良い声?これが良い声!良い……素晴らしい。良い。まあまあ。方向性は合っている。悪くはない。本当は悪い。指導者の主な役目は「良い声」と「悪い声」を生徒に伝えることです。その「良い声」が生徒にとっての「理想の声」とは限りません。よほどの初期状態でない限りは、短期間のレッスンで変化や成長は感じられないでしょう。アドバイスをきちんと咀嚼して、自分なりのイメ...

  •  closed
  •  closed

奇跡のミックスボイス

No image

良くも悪くも奇跡。良くも悪くも個性。良くも悪くもネイゾル。関連記事:「歌唱法解説:ネイゾルミックス」関連記事:「悪質なミックスボイスに注意!」【モスキートミックス】小声ミックスと息漏れミックスと鼻声ミックスの併発。声量を上げると鼻声になる。正確には声量を上げると呼気が鼻から抜けていく。蚊の鳴くような声量で歌っているぶんには「おしゃれなミックスボイス」に聴こえるが、声量を上げた途端に間抜けな鼻声ミッ...

  •  closed
  •  closed

ソフトミックス? ハードミックス?

No image

柔らかいミックスボイスと硬いミックスボイス柔らかいのは裏声寄り? 硬いのは地声寄り?そうとは限りません。力強く聴こえるけど裏声寄り。よくあるタイプなので取るに足りません。裏声ミックスを張り上げているだけです。優しく聴こえるけど地声寄り。こちらは貴重です。天性の声質、などと評価されている場合が多いです。小田和正さんや草野マサムネさんみたいな「目は笑っていない」タイプの声です。関連記事:「スピッツは大...

  •  closed
  •  closed

どうしてインチキがのさばるのか

No image

世の中には純粋な人が多いということです。政権交代、モリカケ問題、希望の党……。ダイオキシン、マイナスイオン、水素水……。クヒオ大佐、豊田商事、ペニーオークション……。テレビで言っていたから。週刊誌に載っていたから。ネットで人気だから。芸能人がオススメしていたから。資格があるから。地位があるから。権威があるから。自分で考えようとしないから。考えても分からないから。・平気で嘘をつける・平気で人を騙せる・平気...

  •  closed
  •  closed

歌唱法解説:椎名林檎/丸の内サディスティック

No image

言わずと知れたジャムセッションの定番曲。男性でも高音自慢であればギリギリ歌えそうな雰囲気がありますが、鼻先のヘロヘロミックスでフガフガしている人ばかりです。椎名林檎さんほど男らしくカッコ良く歌えている人はまずいません。関連記事:「悪質なミックスボイスに注意!」...

  •  closed
  •  closed

男でもSuperflyみたいに歌う方法

No image

え!? 男性が原キーでSuperflyを!?できらぁ!...

  •  closed
  •  closed

苦手な母音

No image

発声時に問題となる母音一般的には「い」と「う」。場合によっては「え」と「お」。口先で発声している限り「あ」以外の母音は喉が締まる原因となり得ます。母音変形や中間音でやり過ごすこともできますが、根本的な解決にはなりません。母音について取り上げたのはこの記事くらいですが……。関連記事:「アクビ喉での言葉の作り方」口と舌に頼らない発声法を探ってみよう初期の初期の記事は基本の基本です。母音で悩むのは口先で歌...

  •  closed
  •  closed