archive: 2018年08月  1/2

歌唱法解説:スターダスト・レビュー/木蘭の涙~acoustic~

No image

根本要さんの発声根本要さんの声は裏声的だけど地声閉鎖寄りに聴こえます。ライブ動画を見てみるとアゴを上げ気味にして歌っているようです。アゴの上げ下げで「前上要素」を調節しているのでしょうか。...

  •  closed
  •  closed

兼学注意!

No image

相容れないボイストレーナー一覧(随時更新)相容れない……両立しない。互いに認められない。傷つけ合う悲しき運命。理論や指導法ではなく、各ボイストレーナーさんの発声法(声帯の使い方)で判断しています。...

  •  closed
  •  closed

さくら(独唱)歌える?

No image

関連記事:「悪質なミックスボイスに注意!」正しい地声と正しい裏声(ファルセット)が混ざってこそ、試聴に耐えるミックスボイスになります。喉声、鼻声、キンキン声、志村ボイス、クロちゃんボイス……等々。これらの要素が混ざっていても、ミックスボイスっぽく聴こえることはありますが、...

  •  closed
  •  closed

歌唱法解説:Aimer/カタオモイ

No image

Aimerさんは喉を潰してる(?)らしくて、でもその声質を気に入っていてあえて治療をしていない(?)...

  •  closed
  •  closed

無自覚オク下の原因

No image

無自覚オク下とは原曲キーのオクターブ下で歌っていることに気づいていないこと。女性曲を原曲キーで歌ってみた。とか言ってオク下で歌っている人が結構います。...

  •  closed
  •  closed

俺流アンザッツ:実践バランス

No image

前下、前上、後上、後下。各発声筋群をピンポントで意識して、任意の組み合わせを連動させて、いくつもの連携がスムーズに繋がって、一繋がりのフレーズを違和感なく形作っていく。ここまでやってようやく発声理論を実践できたと言えます。天然の歌ウマさんが初めから無意識にやっていることです。関連記事:「声帯を引く方向(喉を開く方向)」...

  •  closed
  •  closed

ファルセットが出せない人

No image

ファルセットが出せない。ファルセットが綺麗に出せない。長年悩んでいる人もいるかもしれませんが、だいたいの人はあっけなく解決します。あっけなく解決できない場合は、深刻な発声障害だったり声帯粘膜自体に問題を抱えていることがあります。...

  •  closed
  •  closed

声門とじて

No image

ゲップが止まらない人みたいになってますが、起声(エッジボイス)の位置に注目してください。...

  •  closed
  •  closed

全音鼻声

No image

全音鼻声とは「全部の音が鼻声になっていますよ」という意味です。前上発声筋群がメインで動いており、ハイラリンクスと口先発声と志村ボイスが併発しているケースが多いです。私がコメント欄で指摘している悪要素の一つですが、悪要素に分類している理由は、その歌い方しかできないと「発声筋群のバランス」がどんどん上擦っていくからです。喉は締まり、声帯粘膜は劣化し、そのうち高音も低音も出なくなる。多くの人は自覚症状な...

  •  closed
  •  closed

正しい志村発声

No image

関連記事:「歌唱法解説:ネイゾルミックス」初回のレッスンで教えているのは主に「前下・後上・後下」の使い方です。前上(シムラ筋群)に関しては使おうとしなくても勝手に動いてる人ばかりなので、他の発声筋群とは扱いが異なります。無視、制御、あるいは抵抗……多くの場合は排除のやり方を叩き込みます。前上発声筋群の暴走は耳と発声感覚を狂わせます。しっかりとした土台ができるまでは邪魔にしかならないのです。自制心が育...

  •  closed
  •  closed