archive: 2018年10月  1/5

歌唱法解説:バルーン/シャルル

No image

人気のある曲なので取り上げてみましたが、みなさん各自で好きな「シャルル」があると思うので……。歌い手さん気分でナルシスティックに歌ってみればいいんじゃないでしょうか。バルーン/シャルル(オク下)私は「爽やかイケボ」を意識してみました。前上基点。鼻先歌唱。鼻周辺でボワボワ響かせる感じ?最低音まで半笑いで歌ってる感じです。わらってぇんうーん……思わず蹴りを入れたくなりますが、やっぱり、どことなく夜の雰囲気...

  •  3
  •  closed

人間の適当さ

No image

人間の耳と記憶なんてかなり適当です。人間というより、私の耳と記憶がテキトーってことの検証です。Whitesnake/Love Ain't No Strangerいくつもミスはありますが、とりあえずは「こう」歌いたいわけです。鼻歌混じりに。小声で口ずさむ。作業中やお風呂場だと、なぜか楽に歌える。そういう経験がある人は多いと思いますが、それって本当に「原曲」なのでしょうか。ものの試しに、シャワー中の「あの感じ」を再現してみると……。●3...

  •  0
  •  closed

スピッツは大型犬!

No image

草野さんみたいな軽い声が出したいです! 軽い声が出したい、です? では……かる~く歌ってみます?スピッツ/ロビンソン(スピッツ歌いたい人)スピッツ/ロビンソン(ご本人)歌唱力や音響効果の格差は別として、発声法が似たように聴こえるなら耳が相当ヤバイです。何度も言うようですが、草野マサムネさんの声は軽くありません。むしろ「どっしり」として「むっちり」としてます。ずぃってんしゃっでぇえぁ! 聴きました? ほ...

  •  5
  •  closed

歌唱圧縮:ワンオクTakaさんの妙技(?)

No image

英語にすると、ボーカルコンプレッション?Ken Tamplinさんの定義と同様かどうかは知りません。熱唱風。張り上げ風。シャウト風。高音曲ばかりで2時間以上ライブする秘訣かもしれません。適切な発声筋群のバランスを前回紹介した「第5の筋肉」で“圧縮”します。ONE OK ROCK/The Beginning音声編集ソフトに突っ込んで、ふざけて歌ってるところと音量を比べてみてください。聴感を裏切る省エネ声量ですが、カラオケでもライブでもマイ...

  •  6
  •  closed

第5の筋肉

No image

前上、前下、後上、後下。それ以外の発声筋群で、歌声に強く影響するものが……。一応、あるにはあります。ベルティングもどきミニマムチェストおっさんエッジこういう歌い方(喋り方)がしたい人以外は気にしなくていいです。こういう声しか出せない人がいつも使っているところが「第5の筋肉」です。他の4筋とは場所も違えば「概念」も違います。……まあ、音色を聴けばわかりますかね?汝の敵を愛せよ。汝の敵を制した後に。...

  •  6
  •  closed