archive: 2018年11月  1/1

ボイトレガイド

No image

テキストを全部読むのは大変でしょう。音源を全部聴くのは面倒でしょう。最低限の方向性を合わせるための「心得的な記事」を選んでいます。独学者や受講者の動向を見ながら、記事を足したり入れ替えたりしています。地声・チェストボイス関連正しいチェストボイス正しいチェストボイスへの道正しいチェストボイスのお手本正しいオク下正しいチェストボイス(女性版)チェスト張り下げ正しいチェストボイスの練習目的チェストは後に...

  •  closed
  •  closed

男と女の判定基準(黄金比)

男と女の顔面比率鏡と写真はどちらが現実なのでしょうか。レンズの性質上、写真は実像が歪んで写る……確かに。しかし、鏡も歪んで映ることがあります。自己暗示や自己陶酔。お風呂上りの無意識のキメ顔。自分でも知らないうちに「こうありたい自分」を作っていることもあるでしょう。男顔? 女顔? イケメン? 美人?外見なんて他人の評価がすべてみたいなところはありますが、お世辞や皮肉も当然ありますので、実際のところはど...

  •  0
  •  closed

前上基点の歌手

No image

サム・スミス、クリス・ハート、海蔵亮太……等々。探せばキリがないでしょうが、そんなに多くは知りません。声質もそうですが、見た目というか雰囲気的にも共通点がありません?なんか丸っこいというか柔らかそうというか、優しそうというか。でも丸くて、柔らかくて、優しいだけでは、彼らのような声にはならないでしょう。彼らは前上基点ではありますが例のアレではありません。すべての発声筋群がしっかりと稼動しており「協力状...

  •  2
  •  closed

私のアンザッツは108番まであるぞ

No image

アンザッツの13番といえば……?はい。感情連動筋群の分離・複合ですね。関連記事:「感情のミックス」関連記事:「顔で歌う」感情と表情と喉周りは複雑かつ密接に繋がっています。ハイラリンクスや喉締めを避けたいなら、なるべく真顔をキープするのが基本ですが……。喜・怒・哀・楽。4つしかないですね。人間の感情が、こんなに単純なわけがないです。喜びと悦びの違い。怒りや哀しみのレベル。微妙な感情の違い、それに連動して喉...

  •  2
  •  closed

振り返ってみる

No image

苦言と放言と妄言を書き連ね、一年と半年足らず。すでに基礎学習とその補足(蛇足?)は書き終えたと思います。ブログの更新が止まったら「完全にネタ切れ」だと察してください。というかもう、ほぼ同じことしか書いてないですよね。私個人としては一番しか歌えない曲がたくさん増えました。難しかった曲 TOP31.村田英雄/無法松の一生2.J・A・シーザー/天使創造すなわち光3.平沢進/狙撃手ちなみになぜか今でも歌詞を覚えているのが...

  •  3
  •  closed