脱力のススメ

脱力は歌や発声の極意


よく響くミックスボイスは絶妙な脱力加減の賜物です。
脱力はミックスボイスの極意、歌の極意といっても過言ではありません。
そして脱力の極意は、ただ力を抜けばいいというわけではありません。

高音域で脱力するのは難しい


高音域では力が入るもの、大量の呼気が必要になるもの。
プロの歌手でもそういう人はいるし、人間の本能的にもある程度は仕方がないとも言えます。

肩の力を抜いてリラックスしてください。
ですが決して腑抜けてはいけません。

無駄な力を抜いて、歌うために必要な力を入れる

これこそが脱力。
歌うために必要な力を理解していない段階で、脱力なんて意識しても無意味です。

【脱力練習で心がけること】


・呼気は鼻歌程度
・呼吸は意識したら負け
・口をあまり開けない(アクビを堪える感じ)
・高音が届かないのは気にしない
・低音が落ちきらないのはダメ

【脱力が上手くいかずに、どうしても顎や喉に力が入ってしまう場合】


・キーを下げる
・テンポを落とす
・曲を変える
・頭を左右に揺らしながら歌ってみる
・何か他のことをしながら歌ってみる
・筋トレした直後に歌ってみる

脱力練習の方法


加減の掴み方、具体的なやり方です。
選曲は一般男性の平均音域を参考にしています。
自分が好きな歌いやすい曲でオッケーです。

スキマスイッチ/奏(脱力)



まずハミングで歌いながら必要最低限の呼気量を見定める。
その感覚が残っているうちにハミングするみたいに歌ってみる。

サビをできるだけ抑えめに歌ってください。
サビでどうしても力んでしまう人はキーを下げてください。

関連記事:「脱力検定
関連記事