レガート唱法

スタッカートなら音楽の授業で習った人も多いのではないでしょうか。
レガートはその反対、フレーズを区切らずに滑らかに繋げる歌唱法です。
音程が上下しても呼気と響きを途切れさせず、フレーズの波に乗るような歌い方をします。
歌の上手い人にとっては基本中の基本ですが、その基本ができていない人にとっては聴き取ることさえ難しい高等技術に感じると思います。
機械には採点できませんが、ビブラートやしゃくりなんかよりも重要なテクニックです。
歌の上手い下手はこの技量によって判断されると言っても過言ではありません。
特に海外の場合「できて当たり前の技術」ですから、R&B系を歌いこなすならこれができないと話になりません。
採点ゲームで高得点が取れるのになんとなく上手く聴こえない場合は、レガートができていないからかもしれません。

日本語は喉声の言語です。喉声ならば呼気で支える必要がありません。
一般的な日本人であれば、外国語やレガートが苦手で当たり前なのです。
レガートの習得法はもうお分かりですよね。ミックスボイスで歌うことです。
外国人や歌の上手い人なら当たり前にやっている、というのはそういう理由です。

喉を開くこと、アクビの喉で歌うこと。
呼気のコントロールを習熟させること。

何度も言ってきた歌の基礎中の基礎を固めてください。
レガート唱法やベルヌーイの定理はその副産物に過ぎません。
正しい練習を続けてさえいれば自然と身につく技術のはずです。
これらのおかげで喉のスタミナを温存したまま、多くのジャンルや曲調に対応できるのです。

私も基本的にはレガート唱法で歌っているはずです。
余計な装飾が排除されているので、脱力検定のサンプル音源だと分かりやすいと思います。

声楽で推奨されているような母音歌唱や母音変形、ポルタメントやグリッサンド等……。
効果がないとは言いませんが、母音だけで歌うみたいな練習法はあまりオススメできません。
子音があってこその言葉でありフレーズです。レガート唱法は歌の基本なので、奇を衒った方法をなるべく選ばないでください。
どちらかといえば母音はきっちり閉じないとフレーズは滑らかに繋がらないような気がします。
しゃくり等の装飾技術は邪魔になります。あくまで基本なので素直に歌うことが重要なのです。
つまりは「脱力練習」こそがレガート唱法習得の早道だったりします。

歌が上手い人の「当たり前」は一朝一夕で身につくような「テクニック」ではありません。
何はなくとも正しい発声、アクビ喉と適切な呼気圧です。
とにもかくにも基礎中の基礎を地道に踏み固めましょう。
関連記事

 Comments

Leave a comment