話すように歌う?

SLS(Speech Level Singing)。
アメリカのボイストレーナー、セス・リッグス氏考案の発声メソッドです。
知名度の高いメソッドなので、ボイトレサイトやYoutubeなんかで見聞きする機会は多いと思います。
日本のSLS系だと桜田ヒロキさんが有名だと思います。



Speech Level Singingはベルカント唱法を基にしているらしいです。
えっ? どこらへんがベルカント? って思った人は私と同じで耳が悪いのかもしれません。
喉仏を「話す」位置で固定して、脱力を強く意識するという感じなのでしょうか。

話すように歌う

これは外国人にだけ通用する理屈というか……。
多くの日本人にはあまり馴染まないような気がします。
基本的に日本語は喉締め言語です。声帯を圧し潰して、口先で言葉を発します。
大部分の日本人が話すように歌ったら、低音はボソボソの喉声で高音は喉締めの奇声になるはずです。
メソッドを頑張って喉仏を動かさないようにすると、おそらくは上記の動画みたいになるのではないでしょうか。
日本語と英語。舌や口内の使い方。声の出所が浅いか深いか。
言語間のギャップがあるだけで、SLS理論に即した歌い方だと思うので桜田ヒロキさん自体は正しい発声法を選んでいるはずです。
なんとなく物足りなく感じてしまうのは、桜田さんと秦さんの声質の違い……だけではないような気がします。
何やら辛辣なコメントが多いですが、名トレーナーが名歌手である必要はありません。
外国人向けのメソッドを日本人が続けた成果として、彼の歌は良いサンプルだと思います。

日本人の中では少数派ですが、SLS理論に適合するというか……。
話すように歌って、プロ歌手や外国人みたいに歌える人もいます。

外国人に発音を誉められる人
委員長が休んでいる日に号令を任される人
繁盛している飲食店で一発で注文が通る人

つまり喉が開けている人たちです。
決して「喉仏を動かさない人」ではありません。

いつまで経っても英会話が上達しない。
ほとんどの場合、講師が悪いのではありません。
あなたが喉を開けずに小声でボソボソと喋っているからです。
SLS系列のスクールに通っても歌が上手くなった気がしない。
ほとんどの場合、教えているボイストレーナー自身もきちんと喉が開けていないからです。
セス・リッグス氏や外国人講師にとっては「喉は開けていて当たり前」という考えのはずです。
喉を開けない人間がいる。そんなところまで想像が及ばないのではないでしょうか。
先祖代々、彼らは喉を開いて会話しているので「話すように歌う」だけで歌声になるのです。

しかし鎖国国家、喉締め民族である我々日本人は違います。
喉を締めるのが伝統であり、ややもすると美徳でもあります。
シャイな国民性というか、心情的な問題もあるのかもしれません。
殻の中に閉じこもるというか、思い切って声を出せないというか。
奥ゆかしい、慎み深い、上品、良く言えばこう。
自信がない、疑り深い、根暗、悪く言えばこうです。
そんな人たちが外国人のように会話ないし歌唱するためには「喉を締めない」という意識だけでは足りません。
外圧による開国ではなく、自分から打って出るという意識改革をしましょう。
しっかりと喉を開いて、思い切って声を出しましょう。
恥ずかしがらずに、外国人のようにプロ歌手のように。
それさえ心がけていれば、そのうち「話すように歌う」を体得できるはずです。

Sing Like Talking/Rise



これはカラオケで初めて歌った思い出の曲だったりします。
そう、私はマセたクソガキだったのです。

この記事を書いてから半年後。
私はようやく「話すように歌う」が実感ができました。

秦基博/鱗



確かに楽には歌えるのですが……。
なんか小さくまとまってるな、って印象です。
関連記事

 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/01/09 (Tue) 18:32 | REPLY |   

サモエド  

返信

>練習中さん

何かのきっかけになれれば幸いです。
わからないことがあれば、お気軽に質問してください。

2018/01/09 (Tue) 21:33 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/01/09 (Tue) 23:16 | REPLY |   

サモエド  

返信

>練習中ですさん

声が後方に飛ぶように歯や舌を調整してみてください。
難しいかもしれませんが、試行錯誤の過程で色々な発見があるかもです。

2018/01/11 (Thu) 08:25 | REPLY |   

Leave a comment