声と張力

喉や声帯はよく楽器に例えられますが、個人的には弦楽器が一番近いかなと思います。
音の高低は弦のテンション、声の高低は声帯のテンションに依存します。
緩んだままの分厚い声帯は低い音を出し、薄く引き伸ばされるほど高い音が出ます。
バスの声帯を太い弦、ソプラノの声帯を細い弦と仮定した場合。
ソプラノの声帯をどれだけ緩めたところでバスの低音域は出ません。
逆にバスの声帯を限界まで引き伸ばせば、もしかするとソプラノの高音域が出るかもしれません。
器質的に出ないものは出ない。これが低音は才能と言われる所以です。
もちろん限界を超えて引き伸ばされた弦はあっけなく切れます。
比較的頑丈な太い弦であっても例外ではありません。

声帯のテンションを上げるのは、前後上下にある筋肉の役割です。
声帯を引く方向」参照。

張力=高音とも一応言えます。
声を張る=声帯のテンションを上げる。声の「響き」や「張り」、「艶」にも深く関わります。
四方八方からバランス良く引けるのが理想ですが、天然ミックスの人でもない限り初めから上手くは行きません。
例え一方向だけでも強く引ければ、高音は出るには出ますが……。
声帯のテンションにムラがある感じでバランスの悪い声になります。
掠れたり息漏れしたり弱々しかったり鼻声だったりして、しかもそれは癖になって徐々に悪化したりして。
喉周りの筋肉や神経は……どうも記憶力が高いというか融通が利かないみたいなので、その悪い発声に適した器質を備えてしまうのです。
ミックスボイスもどきが次第に出しやすくなるので、着実に「成長」してるとか「正解」って思っちゃったりして。そのうち他人に「真髄」とか教えちゃったりして。あーらら、って感じです。

そういう人は色んなボイストレーニングを試しても効果がなかなか出ないと思います。
え? どんな人って? 中途半端にやっちゃって「変な癖」が染み付いちゃった人です。
生半可な知識や妙なプライドも完備していたりして、ある意味で初心者以下の存在だと言えます。
まずその「変な癖」を抜かなければ、初心者の階梯にも上がれないのですが……。
そもそもその「変な癖」を抜くのは、もしかしたら年単位の矯正期間が必要になるかもしれません。
上達させようとするなら「厄介者」だが、金づるにするなら「上客」って感じです。
なまじ知識があるだけ煽てるのが簡単。ある程度経験を積んだボイストレーナーなら理解できる話だと思います。
基本ができていない自称中級者は良いカモなのです。

高い勉強代だった、で済ませる人は一生高い勉強代を払い続ける運命にあります。
現状あなたは騙される側の人間です。笑い話で誤魔化さずに、深刻に自覚・自省してください。
さっさとカモは卒業して、清く正しい初心者になってください。

心当たりのある人は、一切の“ボイトレ”を止めましょう。
きちんと喉を開いてチェストボイス(話し声の音域)からやり直しましょう。
“前上”や“後上”だけを引き続けた年月は、まったくの無駄にはなりませんが……。
悪い癖を抜くためには、単純にその癖を使わないことが一番です。
とりあえず正しいバランスを取り戻すまでは、高音発声のことは忘れてください。
関連記事

 Comments

Leave a comment