歌うときの姿勢

肩の力を抜いて重心をミゾオチ付近に下ろす。
顎をちょっと引いて、なるべくその位置をキープ。
私が気をつけているのはこのくらいですが、これさえ守ってない時もあります。
本音を言えば「正しい姿勢なんてない」。各自が楽に歌える姿勢が一番だと思います。
ただし高音域で顎が上がってしまう人は少し気をつけた方がいい場合があります。
「喉締め」「張り上げ」「極度のハイラリ」等が発症している恐れがあります。
各自が出音で判断してください。ニワトリを絞めたような耳障りな声が出ているはずです。
息苦しくてついつい顎が上がってしまう。一言で言えば「脱力不足」が原因です。

ついでに、立って歌うか座って歌うかについてですが……。
私のサンプル音源はすべて座椅子にもたれて歌っています。
長時間立ったまま練習するのは現実的ではないし、立って歌ったからといって劇的に上手くなるわけでもないからです。
でもオペラの真似事をする時には立って歌った方が雰囲気が出るような気がします。
あくまで気がするってだけで、まあその程度の話です。

発声器官以外を頼りすぎるのも力みの原因になります。
姿勢も重心もあまり意識しないのが大切です。
関連記事

 Comments

Leave a comment