呼吸法信者にご用心

呼吸法信者とは呼吸法至上主義の人。
自分がそこそこ歌えている理由を「呼吸法」だと思い込んでいる人たちのことです。
生徒に呼吸法の練習ばかりさせるのは声楽系のボイストレーナーに多い特徴だったりします。
確かに声楽家やミュージカル俳優を目指すなら必須かもしれませんが、ポップスやロックには当てはまらないような気がします。
そういうボイストレーナーは呼吸法に固執するあまり歌唱法の幅が狭く、どんなジャンルを歌っても似たような歌い方になっていたりして……。

息を限界まで止める
息を限界まで吐ききる
息を限界まで吸う

ここらへんの練習法は論外です。
推奨している人の音源があれば聴いてみてください。
「下手ではないけど……うーん」って感じの人ばかりだと思います。
私よりマシに歌えている人がいたら教えてください。こっそりと記事を書き直します。

彼らは呼吸法や姿勢ばかりを重視して、喉の筋肉の働きを軽視(無視)する傾向があります。
私は自分の脳筋思考を否定はしませんが、決して呼吸法を軽視しているわけではありません。
むしろ重視しているがために「呼吸法の練習とやら」を危険視しているのです。
ボイストレーナー程度の知識と経験で、手を出していい領域ではないと思っているのです。

呼吸なんて生物にとって根本的な部分です。
吸って吐いてまた吸う。こんなものは無意識です。
人種、性別、体格により様々で、当然個人によって合う合わないがあります。
その人の身体が自然に選んでいる呼吸法にはそれなりの原因や根拠があるはずです。
呼吸法を変えたせいで下痢や胃痛が起きる人もいます。
原因に気づかずにそのまま続けて「慣れ」で改善しない場合はどうなるでしょうか。
はい、死んでしまいます。
欧米人は全員腹式呼吸なんて真っ赤な嘘です。デマもいいところです。
有名な外国人歌手だって胸式の人はいくらでもいますし、女性だと胸式の人が多数派だと思います。

今どき腹式呼吸を絶対視しているのは控えめにいって馬鹿です。
一世紀半ほど時代遅れです。知識も足りないし感覚も鈍いです。
少なくとも他人に発声のなんたるかを教えられる素養はない人だと思います。
腹式呼吸なんて誰でもできます。寝ている時の呼吸法がそうです。
歌唱時に腹式呼吸が使えない。日常生活で腹式呼吸が定着しない。
その原因は時代遅れの馬鹿に教えられた「腹式呼吸の練習とやら」を頑張っているからです。
つまりは脳や身体が芯からリラックスできていない、脱力が足りないってことです。
私が何度か書いている「呼吸は意識したら負け」とはそういう意味です。
関連記事

 Comments

misato  

はじめまして。

たまたまブログを拝見して、気になることがたくさん書かれていたのでコメントさせていただきました。
私は某ボーカルスクールで2年間ボイトレを受けていますが、なかなか思うように歌うことができません。先生からアドバイスをもらっても、具体的でないため言われてることがわからなかったり、再現できなかったりしてもどかしい気持ちでいます。ここ1年はずっと呼吸法を指摘されて呼吸のレッスンをしています。歌っている途中から胸式になりどんどん苦しくなって喉も締め付けているらしいのです。複式呼吸をひたすらやって、吐き切った分息が入ってくるから、と言われ続けていますが、なんとも上手くいきません。youtubeチャンネルでも活動していたのですが、今は休憩中です。
知識不足で技術的なことはあまりよくわかっていないのですが、プロの歌手で本当に上手な人は響きが違うと思います。叫んでいるわけでなく、高音も厚みがあって、まるで拡声器を使っているようで、、私も力まずにパワフルな歌を歌いきれるようになりたいです。

まとまりのない文章を書いてしまってすみません。
これからもたまにお邪魔してブログを拝見させたいただきます。

2018/03/12 (Mon) 19:53 | REPLY |   

サモエド  

はじめまして

>>misatoさん

胸式呼吸が喉締めの直接原因だとは思いません。
しかし胸式呼吸には交感神経を活性化させて、全身の緊張を高めるという性質がある……にはあります。

呼吸が崩れるのが先か、緊張し過ぎるのが先か、喉を締めるのが先か、それぞれの原因は何か。
こと発声に関して呼吸の重要度は低いです。特に「吸う」が問題となるケースは稀です。
肺ではなくて喉の問題。息の吸い方吐き方ではなくて「圧縮の仕方」に問題があるケースがほとんどです。
音源を聴かないと何とも言えませんが、それらの問題は「筋力不足」が原因です。

喉を開く筋肉群。声門を閉じる筋肉群。
これらのバランスが整ってくれば、呼吸も自然と整うものだと私は考えています。
息の使用効率が良くなるので、省エネなのに声量は上がります。
この段階になって初めて「胸式」と「腹式」の本当の意味(有り難味)がわかるのではないでしょうか。

2018/03/12 (Mon) 22:12 | REPLY |   

サモエド  

聴きました

>>misatoさん

そ、そんなに上手いのに行き詰まるのですか?
うーん……。贅沢な悩みだなぁ。

>喉も締まって負担

あなたのレベルなら個性の範囲内だと思います。
喉が締まっているからこそ、切なげで儚げな魅力が出ているともいえます。
エアリーな声が素敵だし歌唱力も私より明らかに高いです。
アドバイスするのは気が引けるのですが……。
高音をパワフルに歌いたいのなら、喉を開いて声を前に飛ばしてください。
ここぞというポイントで踏ん張って息を吐き続ける意識です。覚悟かもしれません。
MISIAの方ではできているようです。

あとこれはちょっとオカルト要素なんですが。
歌詞の内容というか、自分の世界に入り込み過ぎないように気をつけてください。
よりパワフルに歌いたいのなら、あまり切なそうに歌わない方がいいかもです。

そーばーにいてー……(懇願)

ではなく

そーばーにいてー!!(脅迫)

って感じです。

顎を上げてまぶたを閉じて、声を後ろに引くと喉が締まって苦しくなります。
顎を引いて目を見開いて、声を前に押し出すと? 曲はぶち壊しになるかもしれませんが。

別人みたいに太い声が出る? まともに声が出せなくなる?

どちらにしても何か発見があると思います。



※個人情報に関わるのでコメントの承認は保留にしておきます。

2018/03/15 (Thu) 22:35 | REPLY |   

misato  

ありがとうございます!

サモエドさん

なるほど喉を開いて、息を吐き続ける意識ですね!

世界に入り込みすぎない、、もなんだかわかる気がしました。気持ちを込めて、気持ちを届けようとして歌うと逆に上手く歌えないことが多いです。気持ちも込めるけど理性も保ちつつ、というバランスが取れたときはわりと上手くいく気がします。。

歌は体が楽器なので、心をコントロールできなければ体もコントロールできないのですよね。

顎を上げてまぶたを閉じて、声を後ろに引くと喉が締まって苦しくなるというのも、私の癖です。直すように意識しないといけないですね。

少しモヤモヤが解消された気がします。
アドバイスありがとうございました!!!

2018/03/16 (Fri) 09:45 | REPLY |   

Leave a comment