天然ミックスボイスについて

天然ミックス……自然とミックスボイスができている人。
こう定義するならば世の中は天然ミックスの人だらけだと思います。
質の良し悪しはさておき、実のところ男性が出している高音ってたいていミックスボイスなんですよね。
力任せに張り上げようが裏声感が強かろうがミックスはミックスですから。

・背が低い
・地声が高い
・低音が弱い
・高音がクリア
・裏声が出せない
・歌い方に幅がない
・ロックに合わない

天然ミックスの特徴について調べるとこんな感じでした。
まあその通りかもしれないし例外が思い浮かばないでもないですが……。
個人的には「声に緊張感がある人」と「hiDに個性を残せる人」だと思っています。
それと「低音が弱い」というよりは声の響き自体に低音成分が少ないって印象です。

ゆず/夏色(天然ミックスもどき)



最初は全部岩沢さん風で歌おうとしたんですけど当初の予想通りサビで見事撃沈しました。
歌唱法のコツとしては喉に余分な力を入れて独特の緊張感を表現すること。
ミドルギリギリの音域でもチェストを少し意識するとなんとなく天然のニュアンスが出ます。
自分の声とハモるというのはなかなかに薄気味悪い経験でした。

彼等はヘッドをミドルのように、ミドルをチェストのように歌う化け――天才です。
同じように歌おうとすると大きなギャップと高い壁を感じてしまいます。
非天然が注意すべきなのはタメが効く最高音よりも長く続く高域コンボだと思います。
関連記事

 Comments

Leave a comment