歌唱法解説:フェイク・メリスマ・リフ&ラン

fake……偽造
faker……いかさま師

歌唱技術でいうところの「フェイク」はyeahhhとかfuuuuuとかで曲の合間を埋めたり、リズムやメロディーを崩して歌うことである、と一応定義します。
個人的にはフェイクというより「フェイント」の方がしっくりきます。
相撲でいう「猫だまし」みたいな小賢しいテクニックなので、あまり多用すると聞き手の素直な感想としては「なんかムカつく」ってなります。
どれだけ歌が上手くてもナルシスティックで独りよがりな印象を与えがちです。

関連記事:「歌唱法解説:ヒーカップ唱法
A.CHAGE and ASKA/僕はこの瞳で嘘をつく(フェイクなし)



B.CHAGE and ASKA/僕はこの瞳で嘘をつく(フェイクあり)



あなたが「素直に歌えば?」と思ったポイント、それがフェイクです。
もしくは「こう歌いたいけど真似できない!」と思ったポイント、それもフェイクです。

A.CHEMISTRY/PIECES OF A DREAM(フェイクなし)



B.CHEMISTRY/PIECES OF A DREAM(フェイクあり)



フェイクによく用いられる「フレーズの揺らぎ」をメリスマと呼びます。
日本人に馴染み深いところでいうと「こぶし」みたいなものでしょうか。

完全に排除すると味気なく、乱発すると鬱陶しい装飾技術です。
フェイク(メリスマ)で大切なのは……。

さりげなく
やりすぎない

SING LIKE TALKING/Livin' For The Beat



原曲がこんな感じなので仕方がないのですが、個人的には少しやりすぎ感があったりします。
フェイク(リフ&ラン)としては入門編みたいな難易度ですが、ちょっと数が多いので一番目立つ部分だけを説明します。

プレーン歌唱 → 装飾歌唱



ふれーーーーーーーーい

プレーンはhiA(A4)のロングトーン。

ふれ・え・え・え・えーい

装飾している方はhiA#(A#4)とmid2G#(G#4)を行き来して、hiAを上下からサンドしている感じです。
わりと汎用性のあるフレーズなので、フェイクをマスターしたい人は挑戦してみてください。

関連記事:「歌唱法解説:ネイゾルミックス
関連記事:「露出度は控えめに
関連記事