歌唱法解説:フェイク・メリスマ

fake……偽造
faker……いかさま師

歌唱技術でいうところの「フェイク」はyeahhhとかfuuuuuとかで曲の合間を埋めたり、リズムやメロディーを崩して歌うことである、と一応定義します。
個人的にはフェイクというより「フェイント」の方がしっくりきます。
相撲でいう「猫だまし」みたいな小賢しいテクニックなので、あまり多用すると聞き手の素直な感想としては「なんかムカつく」ってなります。
どれだけ歌が上手くてもナルシスティックで独りよがりな印象を与えがちです。

SMAPのライブ映像を見てみてください。
やたらと癖の強いアレンジをする人がいませんでしたか?
あなたが「普通に歌えば?」と思ったポイント、それこそがフェイクです。

いまいちピンと来なかった人のために極端な例を上げておきます。

SMAP/$10(フェイクなし)



SMAP/$10(フェイクあり)



フェイクによく用いられる「フレーズの揺らぎ」をメリスマと呼びます。
日本人に馴染み深いところでいうと「こぶし」みたいなものです。

SMAP/青いイナズマ(揺らぎなし)



SMAP/青いイナズマ(揺らぎあり)



このように。
完全に排除すると味気なく、乱発すると鬱陶しい装飾技術です。
フェイク(メリスマ)で大切なのは……。

さりげなく
やりすぎない

A.SMAP/夜空ノムコウ



B.SMAP/夜空ノムコウ



言わずもがな、Bはアウトです。

フェイクのコツや練習法としては……。
突き詰めていくとアレンジ力……作曲能力が問われるので、そこらへんはまあ置いといて。
とりあえずメリスマの音程変化が上手くできない人のために、詩吟アプローチを紹介します。
詩吟なんて歌えないよ、って人も大丈夫。私も歌えません。
課題曲は名曲「タカスギ」。歌詞は「タカスギ」の四文字だけです。

タカスギ



タカスギ(分解)



いちいち説明するまでもありません。
この音源だけでメリスマのカラクリは理解できたと思います。
ネイゾル唱法で歌うとそれっぽい雰囲気が出るのは詩吟もR&Bも同じだったりします。
サンプル通りに歌う必要はありません。私も歌いやすいように原曲から崩しています。

音楽的に正しいかどうかは二の次です。
第一に「滑らかな音程変化」を重視してください。
次に「違和感のないメロディー」を追求してください。

違和感がどうしても消えない人はペンタトニックやブルーススケールを勉強してください。
ブライアン・マックナイト(Brian McKnight)あたりを聴きまくるのもオススメです。
というか、耳の良い人はそっち系の黒人歌手をコピーするのが一番だと思います。
関連記事

 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/11/04 (Sat) 14:49 | REPLY |   

サモエド  

聴きました

>>名無しさん

喉を締めているように聴こえます。
ミックスボイスはできていないと思います。
とりあえずはもっと楽に歌える曲を選びましょう。

http://fixedmix.blog.fc2.com/blog-entry-2.html

アクビを堪える感覚のまま、上の記事にあるチューリップを歌ってみてください。
チェスト、ミドル、できればヘッドまで。
録音した音源を聴けば、もう少し具体的なアドバイスができると思います。

2017/11/04 (Sat) 19:49 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/11/04 (Sat) 21:21 | REPLY |   

サモエド  

聴きました

>>ななおのひとさん

チェスト音域は喉が開けていて、良い響きが出ています。
ミドル音域以上はハイラリと喉締めが併発しています。
そして低音高音を問わず、音程が半分くらい外れています。
音が外れているという自覚がありますか?

>>どれがチェストでどれがミドルか、どれがミドルでどれがヘッドかよくわからない

今はまだ気にしなくていいです。高音域に挑戦する段階ではありません。
喉をしっかりと開いてチェストボイスをもっと力強く、正しい音程で歌えるようになってください。
サンプル音源と自分の声をよく聴いてください。

2017/11/04 (Sat) 23:06 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/11/05 (Sun) 05:53 | REPLY |   

サモエド  

返信

>>ななおのひとさん

自覚があるなら大丈夫です。
その方向性で地道にがんばってください。

>チェストボイスを力強く

声量を上げても喉のフォームが崩れないことが重要です。
お腹を意識して喉が締まらないならそれでオッケーです。

私は喉(咽頭腔)や上顎(軟口蓋)を意識することが多いです。

2017/11/05 (Sun) 15:17 | REPLY |   

まつ  

いつも更新を楽しみにしております

はじめまして、まつと申します。
いつもブログを拝見させて頂いております。

今年の6月より、歌が上手くなりたいと思い立ち、歌の練習を始めました。音域が狭く、どうにかならないかととネットで調べているうちに、サモエドさんのブログに辿り着きました。

情報が溢れ過ぎていて、どうしていいかわからなくなっておりましたが、今はとにかく喉を開けることのみを意識してやってます。

しかし、喉を絞めてしまうクセが取れない&高音域が出ない為、どうのように努力すればよいか、ご指導頂きたく存じます。

ツナミを歌ったM4aの音源があるのですが、こちらのコメント欄には添付出来ない様です。

メールアドレスを教えて頂ければ、そちらにお送りしたいです。

ご多忙の中、恐れ入りますがご対応頂けましたら幸いです。

2017/11/05 (Sun) 20:35 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/11/05 (Sun) 23:00 | REPLY |   

サモエド  

返信

>>まつさん

http://fast-uploader.com/file/

こんな感じのサイトに音源をアップロードして、ファイルのリンクをコメント欄に書いてください。
他の人に聴かれたくない場合は「秘密」のチェックを忘れずに。


>>ななおのひとさん

いつでもお気軽にどうぞ。
私は暇人ですので。

2017/11/05 (Sun) 23:27 | REPLY |   

TK  

no subject

いつもブログ楽しくみてます!
喉を開くのを意識すると声がスカスカになりますが、スカスカしないようにすると喉がしまります。
喋り声よりちょっと小さい声量だとスカスカにはならないんですが、
これはこの小さめの声量のまま練習していけば徐々に強い声に育っていくものでしょうか…

ゆくゆくはブルーノマーズみたいな緩急が付けられるようになりたいです。
ライブとか聴いてるとざらっとした声でソウルフルな歌い回しをしてても声量自体はそこまで変わってないんですよね…
自分が無理に真似するとそこだけ大声でガナる感じにしかなりませんので今は真似しないようにしてます。

2017/11/07 (Tue) 23:19 | REPLY |   

サモエド  

返信

>>TKさん

声門閉鎖を喉締めに頼っているパターンだと思います。
閉鎖筋群が弱いか喉の開き方がマズイか……。
どちらにしても実際に声を聴かないことにはアドバイスできません。

>喋り声よりちょっと小さい声量

喉締めを排除できなければ無意味です。逆効果かもしれません。

ブルーノマーズはハイラリと喉締めをテクニックとして使っているように思います。
基本ができていないうちは真似しない方が良いです。

2017/11/08 (Wed) 00:07 | REPLY |   

Leave a comment