腹圧アプローチ 危険度☆☆

喉を開いたまま響く声を出す。この発声感覚を体感してもらうためのアプローチです。
どうしてもミックスボイスが見つからないって人には有効かもしれません。
あまりよろしくない発声法ですが、これで歌い続けるわけではないのでそこまで問題はないと思います。

1.アクビをする(エアあくびでオッケー)
2.アクビを途中で止める(息を止める、完全閉鎖の状態)
3.お腹に力を入れて腹筋を固める(肺と声帯の間で呼気が滞留or圧縮されている状態)
4.少しずつ声門閉鎖を緩めてみる(息を止めたまま口を横に開く感じ)
5.おそるおそる声を出してみる(顎を開きすぎている場合は楽な状態まで閉じる)
6.呼気がなくなるまで声を伸ばす(息苦しくなったら切り上げる)

アクビ→チェストボイス



閉鎖強め



閉鎖の微調節は難しいのでちょっとバリバリ鳴るかもしれませんが、デフォルトの閉鎖が強(厚)ければそれが普通なので気にしなくていいです。

過剰閉鎖



ここまで異音が鳴るとアウトです。
もっと力を抜いて閉鎖を緩めてください。

出音に問題がなければ、声を出しながら胸に手を当ててみてください。
わずかでも振動を感じられたのならそれがチェストボイスの響きです。
呼気が空っぽになるまで、上顎、下顎、口内、鼻腔、そのバリバリを色んな場所に響かせてみてください。
表情筋を動かしたり口の形を変えたりして響きがどう変わるかも体感してみてください。
高音でやると喉締めが怖いので、あくびの音程(?)を変えずにチェスト音域だけでやってください。

一応腹式発声も体感できているはずですが、あくまで発声感覚を養うための仮措置です。
腹式というより腹圧式なので「あまりよろしくない」ということを念頭に置いてください。
工程を分けると面倒に見えますが、何度かやっているうちに一動作として出せるようになると思います。
顎やお腹の力が自然と抜けてきたら、それはすでに正しいチェストボイスかもしれません。
関連記事

 Comments

Leave a comment