喉締め発声

喉締め発声とは


喉締めの定義は様々だと思いますが、

軟口蓋を上げて舌根を下げる。
これが「喉を開いた状態」とするならば……。

軟口蓋を下げて舌根を上げる。
これを以って「喉を締めた状態」とは言い切れないような……。

喉締め発声の特徴


・上擦った聞き苦しい声
・すぐに声が枯れてしまう
・声が側鳴りして響きが少ない
・歌声に意図しないエッジがかかる
・喉、顎、首、肩等に無駄な力が入っている

ここらへんの症状が重なるなら「喉を締めた状態」だと思います。
特に重要なのは「聞き苦しい」と「響きが少ない」でしょうか。
他人からどう聴こえるか、自分で聴いてどう思うか……やはりこれで判断すべきでしょう。

うん。俺は喉締めじゃないな。

喉には負担がないし。高音曲を連続で歌えるし。
こういう場合の「本人の自覚」はあまり参考になりません。
喉締めばかりで歌っていると喉がダメージに鈍感になっている可能性が高いからです。
逆にいつも健康的な歌い方をしていれば、ほんの少し締めただけでも喉に違和感が出ます。

関連記事:「残念な発声

自分の中の「喉締め」をはっきりと分けるためにも、
喉を開いて歌うことには大きな意味があります。

喉を開いた状態≒リラックス状態
喉を締めた状態≒緊張状態

喉を開いて歌い続けることは「適度な脱力」を身体に叩き込むことでもあります。
脱力がそこそこ身についているのなら、喉締め要素をコントロールすることも可能です。

A.Bruno Mars/Treasure



喉締めニュアンス、というか喉をあまり開いていない状態ですかね。
声帯を引く方向は後下がメイン。前上と拮抗させて、終始ハイラリ気味に歌っています。
例の「アッ!」や「オッ!」は声門閉鎖だけを一気に強める感じです。
声量はそこまで出ていないのに、喉がすぐに痒くなります。

B.Bruno Mars/Treasure



Aよりも喉を開いたバージョン。
「アッ!」や「オッ!」の部分は声門閉鎖だけではなく、呼気を強めて声帯を前側に引っ張っています。
こっちの方が「喉締めっぽい声」に聴こえるかもですが、喉への負担は少ないです。

ちなみに下の記事でも同曲を歌っています。

関連記事:「外国ノ曲ハ片仮名デ歌イマセウ

喉はより開き、地声側が強めのバランスです。
声量も響きもダントツですが、元気過ぎて原曲の雰囲気からも一番遠いです。

関連記事:「正しい発声と使える声

アクビの意識で声帯を万遍なく伸展させる。
呼気の当て方や筋肉の引き方で声帯のバランスを拮抗させる。
どちらも喉締めを避ける手段ですが、やはり加減が大事だということですね。
関連記事

 Comments

Leave a comment