発声と力加減:マッチョなお嬢様

マッチョは力任せで大雑把
筋肉がつくと動きが遅くなる
見せ掛けの筋肉には意味がない

これらはよくある誤解です。
もちろん「筋肉がつく」の程度にもよりますが、
実際には筋肉が肥大しているほど、筋力と神経系は発達しています。
動きの強弱は自在となり、繊細なコントロールが可能となります。

競技やスポーツの優劣勝敗は、
野球、サッカー、陸上競技、ダンス、重量挙げ等々、
その人の筋肉と神経が何に特化しているか、で決まります。

関連記事:「発声改善のために身体を鍛えよう

日常生活だと、力任せで大雑把なのはむしろ筋力の弱い人の特徴だと思います。
筋肉と神経系が発達していないと、力の加減が上手くできないからです。

背筋力80kgの人は力いっぱい引っ張っても80kgです。
全身くまなく弱いはずなので、色んな動作が余裕のないものになってしまいます。

背筋力200kgの人は半分以下の力で80kgです。
力加減は自在なので、やろうと思えば「淑女のように」も振舞えるということです。

これは発声に関しても同じです。
ピッチ、リズム、ダイナミックレンジ、ハイトーン、ビブラート、フェイク、シャウト等々。

声は喉から出ます。すべては「喉の小さな筋肉」が主導します。
喉の筋肉が発達しているほど、力加減は自在で幅広いジャンルに対応できるのです。

喉締めや無駄な力みは筋力不足が原因ともいえます。
脱力をしっかりと身に付けるためには「思い切り力を入れた経験」が必要です。

関連記事:「アウトレイジメソッド

力を入れれば筋肉がつきます。その筋肉は使わなければ衰えます。
筋肉に無駄なものなどありません。だからこそ「無駄な筋肉」が必要なのです。
関連記事

 Comments

Leave a comment