粉雪歌える?

え? 歌える? ホントに?

カラオケの定番曲レミオロメンの粉雪。
高音出る人は低音ボソボソ。低音出る人は高音喉締め。
私に発声を見直すきっかけを与えてくれた名曲です。
初心者は避けるべき、ミックス定着の妨げになるような難曲でもあります。

歌えているという自信のある人は以下の項目に注意して実際に歌ってみてください。
低音部分を地声に頼らず、高音部分を必要最低限の呼気量で歌う。
鼻歌を歌うようにリラックスして歌えているか。
Aメロでちゃんと凍えているか。

A.レミオロメン/粉雪(脱力)



B.レミオロメン/粉雪(呼気強+張り上げ風)



Aがクリアできるなら脱力はそこそこ身についており、ミックスボイスは一応習得していると私は判断します。
AあってのB。脱力できてこその張り上げニュアンスです。
そもそも張り上げでしか歌えない人は……。
いやいや、それでカッコ良ければ全然オッケーだと思いますけどね。

とりあえず先が見えないのは不安だと思うので「A」ができれば仮免許ということで。
まずは自分の得意音域をすべて歌声(呼気に支えられたミックスボイス)に変えることが目標。
それから高音を適当に伸ばして……最難関の低音ミックスに取り掛かることになると思います。
関連記事

 Comments

Leave a comment