鼻声ミックス

鼻声ミックスとは


鼻声みたいな歌声。鼻にかかったようなミックスボイス。
開鼻声と閉鼻声がありますが、特に分ける必要性を感じません。
おおよそが「鼻で歌っているような声」です。

鼻声ミックス≠悪い発声

単に鼻腔共鳴が強い声なので、これも好みの問題です。
魅力を感じる人。違和感を覚える人。人それぞれです。

鼻声が問題になるのは、発声の基本ができていない人の場合です。
音色的に狙っているのでなければ、軟口蓋(上顎の奥)が下がっていることが多いです。

高音になると意図せずに鼻声になってしまう。

高音ほど喉を開く意識が大切であり、多くの人には困難なことでもあります。
喉(のど)です。口や顎(あご)ではないので注意してください。

喉を開かなければ健康的なハイトーンは出せません。
天井が高くなければ声は心地よく響きません。

鼻にかけると高音が出やすい?

確かにその通りです。声は浅くなり、喉は締まります。
結果的に「キモ裏声」や「志村ミックス」は出しやすくなるはずです。

関連記事:「鼻声と鼻腔共鳴の違い
関連記事:「悪質なミックスボイスに注意!

もう一度言います。音色を好んで狙って出しているのなら何ら問題はありません。
鼻腔共鳴は大切な要素です。私も「ゼロ」では歌えません。

勝手に鼻声になってしまう。鼻声に頼ってしまう。

つまりは鼻声が制御できていない場合……。
あなたの鼻声は「鼻腔共鳴」ではなく地道に矯正すべき厄介な悪癖だと言えます。
喉のフォームが安定しないのなら高音に挑むべきではありません。
無理のない音域から発声を見つめ直すことをオススメします。

ASKA/晴天を誉めるなら夕暮れを待て



小野正利/You're the Only



本家と比べるとなんか間抜けでしょ?
歌唱力が相当高くないと、こういう歌い方は成立しないんだと思います。
関連記事

 Comments

Leave a comment