張り上げと和解せよ

悪い発声の見本とされる「張り上げ」ですが、
きちんとコントロールできているなら強力な武器となり得ます。
以前にも書きましたが「張り上げでしか」歌えないのが問題なのです。
喉締めやハイラリもそうです。自分で制御できているのなら立派なテクニックです。

関連記事:「喉仏の位置:ハイラリ? ロウラリ?
関連記事:「悪い発声とは?

これらの「悪要素」を過度に避けるのが、個性も魅力もない量産型ボーカリストの特徴でもあると思います。

地声感!
パワフルさ!
ダイナミックさ!

歌声にそういう要素が欲しいときには、恐れずに必要な分だけ正しく張り上げてください。
張り上げても迫力が足りない場合は「張り上げ力」を鍛えてください。
おおよそ閉鎖筋群と地声筋群を強化する方向性だと思います。
これもコツなんてありません。コツコツと地道に鍛えてください。

関連記事:「正しいチェストボイス

人によっては修羅の道、果てしない男坂になるかもしれませんが……。
一つだけ、これさえ覚えていれば、いつかたどり着けるはずです。

正しい張り上げは声が上擦らない!

Mr.Children/innocent world



腹式ドヤ声歌唱の極致。尾崎紀世彦さんが歌っていたバージョンです。
張り上げを蛇蝎のごとく嫌っている人にこんな歌い方は絶対できません。

張り上げを認めてください。受け入れてください。愛してください。
愛するために基本を固めて、脱力を習得してください。
関連記事