声量の概念を疑ってみよう

声量には自信があります!

え? ジャイアンなの?
私にとっては警戒してしまう言葉です。
例えば表現したい歌唱スタイルがあったとします。

呼気の強弱+声門閉鎖の加減+その他諸々=声量

声量は手段ではなく結果です。
結果としてそのくらいの音量が出てしまう、ってことです。
同じ人間でもポップスとハードロックでは声量が違うのが普通だと思います。
人が感じる声量なんてものは曖昧で、実際のデシベルとは関係ないケースが多いです。

・息漏れの少ない発声
・高音やロングトーンが安定している
・語尾がきっちり処理されている
・ビブラートがコントロールされている

だいたいの素人は「声量すごい!」って思います。
まあこの辺をしっかり抑えている場合、実際に声量が出ていることも多いですが。

問題なのは……。

声量=力強さ
強い呼気=高音
張り上げ=正義!

この考えが脳や喉や身体に染み付いているパターンです。
ジャンルによって発声を変えられない。歌唱表現の幅が狭い。

何を歌っても“場違いに”音量がでかい。
ドラムや金管楽器と張り合います? それは歌手ではなく大声選手です。
ジャイアンを誉めるにはどうするか。
声量すごいね、です。

声量と音量は違う


初心者のうちはピンと来ないでしょうが。
発声が整ってくると自然に体感できると思います。

よく響く声=なんとなく説得力のある声。
小さくても通る声でもあり、聞き手に声量を感じさせる声です。
重要なのは呼気量(圧)と声門閉鎖のコントロール。

大きくも小さくも歌える。
小さな音量でも「声量感」や「パワー感」が出せる。

発声基礎力・総合力が上がってくれば、歌唱表現に伴い自然と上がる。
声量も音量も自由自在になるでしょう。

先は長いと思いますが、まずはチェストボイスから始めてみてください。
正しいチェストボイスを習得すると、早ければ2週間ほどで……どうなるかはお楽しみ。
正しい感覚をキープできていれば、の話ですがね。

関連記事:「ボイトレガイド

“声量”なんていう漠然とした要素を鍛えるためにカラオケで叫びまくる必要はありません。
というか初心者だと逆効果にしかなりません。声帯を消耗するだけです。
関連記事

 Comments

Leave a comment