正しいオク下

正しいチェストボイスシリーズの最終回(?)。
やや食傷気味なので、さらっと要点を紹介して終わります。

関連記事:「正しいチェストボイス
関連記事:「正しいチェストボイスへの道
関連記事:「正しいチェストボイスのお手本

A.ジャイアン



ジャイアンは「男」か「女」か?
簡単ですよね? ジャイアンは声変わりしていないので「女」です。
もしもジャイアンが「男」だったら……。

B.ジャイアン



小さなお子さんが怖がります。

ではこれは?

KOTOKO/ねぇ、…しようよ!



そう。お姉ちゃんですね。
オジサンっぽく聴こえても、声帯の使い方は乙女です。
こういう歌い方では「筋トレ」になりません。

A.SOFT BALLET/EARTH BORN



B.SOFT BALLET/EARTH BORN



胸まで勝手に響いちゃうので、低音だと聴き分けが難しくなります。
Aが「正しいチェストボイス」でBが「喉締めチェストボイス」です。
二つの違いが分からない人は「mid1C以下」の音域を避けた方が無難です。
低音ミックスは高音ミックスよりも難しいです。多くの人には「その概念すら」ないからです。


【正しいオク下練習】……正しいチェストボイスを習得するためのオク下歌唱のポイント。

・声(響き)を前に飛ばす
・面倒臭そうに歌ってみる
・不機嫌そうに歌ってみる
・テンポの速い曲を避ける

PUFFY/アジアの純真



こんな感じの曲から始めてください。
歌い慣れてきたらテンポを上げて……。

放課後ティータイム/ふわふわ時間



物足りなくなったらキーも上げましょう。

fripSide/only my railgun



ここまで歌えたら正しいチェストボイスは習得できているはずです。
男性的だとか女性的だとか、正しいとか間違いとか全部忘れて結構です。
チェストボイスの総合力を駆使して以下の難曲に挑戦してみてください。

J・A・シーザー/天使創造すなわち光



録音した音源が「まとも」に歌えているのなら、チェスト音域に問題はないと思います。
この「まとも」のハードルが高ければ高いほど、ミックスボイスのクオリティも高くなります。
喉の成長は遅いです。短期間での変化は「ただの勘違い」くらいに考えてください。
地味で退屈な練習になるとは思いますが、腐らず地道に頑張ってください。
関連記事

 Comments

Leave a comment