声が裏返る、ってどういうこと?

声が勝手に裏返る


これは高音域で声が「勝手に裏返る」人の話です。
裏声を喉締めで閉鎖したもの。←これを地声と思い込んでいる。
音域が上がると喉締めが緩んで裏声になる。←裏返り。

裏返りを堪えてる感覚≒喉を閉めている感覚

喉締めの裏声は地声ではないので、喉締めを緩めた裏声と融合することは人体の構造的にあり得ません。
正しいチェストボイスは張り上げて声が割れることはあっても決して裏返ることはありません。
声が勝手に裏返る人は、地声(チェストボイス)が高確率で間違っているということです。
この状態のままYUBAやフースラーに手を出すと、志村ミックスやクロちゃんミックスを習得することになります。

関連記事:「YUBA信者とフースラー信者に告ぐ!
関連記事:「悪質なミックスボイスに注意!
関連記事:「ホーで裏声出してる人へ

マイナスの地声とマイナスの裏声が融合してもミックスボイスという発声状態は出現します。
強弱や抑揚が自由自在(のつもり)の自称ミックスボイスマスター……。
こういった人が困ったことにボイストレーナーをやっていたりもします。

声区がいびつに融合しているため、常に同じような声質でしか歌えません。
曲やジャンルによって音色を変えられないのが彼らの特徴……。
特徴というか、ほとんど除去不可能な「呪いレベル」の悪癖です。

最悪なのはその唯一の声質が「耳障り」ってことです。
コーネリウス・リードも似たようなことを書いていたと思います。

色々な声が出せてすごい! ではなく、
色々な声が出せて当たり前! なのです。

間違った地声はすべての発声要素を「マイナス」にしてしまいます。
実のところ「正しい地声」を出したことがない男性は珍しくなかったりします。
裏声系しか使えていない地声迷子は特に若い人に多い印象です。

当然ながらミックスボイスの練習以前の問題です。
現時点では何もできていないと思った方がいいです。
同じことを何度も言いますが、まずはチェストボイスから始めてください。
高音拡張や小難しいメソッドに挑戦してしまうと、歌唱人生を棒に振ることになるかもしれません。

関連記事:「正しいチェストボイス
関連記事:「発声改善の過程(と罠)
関連記事