俺流アンザッツ:仮声帯

仮声帯の使い方は以前にも紹介しましたが、

関連記事:「歌唱法解説:仮声帯唱法
関連記事:「声帯を引く方向(喉を開く方向)

声帯を引く感覚が理解できるのなら、このやり方が安全・確実です。
仮声帯の鳴らし方。数ある中の一例です。

後⇔前下⇔前上



お(あ)で後ろに引く。無表情で口はほとんど開けない
あ(え)で前下に引く。無表情のまま下顎を開く
え(い)で前上に引く。顔をしかめて口角を持ち上げる

喉の感覚を記憶したら、真顔で同じ音を出す。
その音を上げたり下げたりしてみる。

地声ミックス+仮声帯



裏声ミックス+仮声帯



【注意点】

・声門閉鎖を緩めないこと
・呼気をあまり強めないこと
・いきなり長時間やらないこと

喉の調子に気をつけて色々と試してみてください。
仮声帯はガナリ声だけではなく、クリーントーンにも影響を与えます。
良いことばかりではないので、むやみやたらと使い過ぎないようにしましょう。
関連記事

 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/04/07 (Sat) 20:25 | REPLY |   

サモエド  

聴きました

>>ごくりさん

はじめまして。

>天体観測 A

喉締めは軽度だと思います。
声質も良いし、コツを掴めばなんとかなりそうな雰囲気です。
音域が上がるほど、響き(声の当てる場所)を少しずつ下げてみましょう。
なるべく鼻声を避けるというか、サビ前から「前」と「胸」を意識する感じです。

>天体観測 B

三日程前からにしては、喉がよく開けています。
喉締めが改善するまではこっちを「筋トレ用」と割り切って、もっと男らしく吐き捨てるように歌うといいかもです。

AとB、どちらの歌い方にも可能性を感じます。
バランス良く歌い分けていれば、自然とキーが上がってくるかもしれません。
ミックスボイスだとか地声だとかはあまり気にしなくて良いです。

2018/04/07 (Sat) 21:53 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/04/08 (Sun) 00:56 | REPLY |   

サモエド  

聴きました

>>ごくりさん

>サビも歌いきれました

良かったです。とりあえずはその練習法が正解みたいですね。

>こちらの音源

上手いじゃん! Da-littleさんみたいな雰囲気があってカッコいいです。
そのままでも大丈夫だと思いますけど、曲調に比べると少し気合が入りすぎているかもしれません。
レコーディングということなら、呼気を弱めて声量を落とせば安定するのではないでしょうか。

一応こんな感じです。
https://blog-imgs-117.fc2.com/f/i/x/fixedmix/gok.mp3

2018/04/08 (Sun) 11:33 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/04/09 (Mon) 15:51 | REPLY |   

サモエド  

聴きました

>>ごくりさん

>先ほど録ってみたもの

ちょっとチェストが弱いですね。
鼻にかかった歌声は裏声寄りに偏っているサインです。
張り上げを恐れすぎてチェスト筋群が萎縮しているかも。

>毎日歌って感覚を探っていく

それが最善だと思います。
焦らず慎重に頑張ってください。


>昔から鼻が悪く

口呼吸だと喉に悪いので、歌にはマイナスといえますが……。
鼻炎に調子が左右される状態は、発声法自体が少しおかしい場合があります。

多いのは「鼻腔共鳴」を勘違いしてるケース。
空気を鼻に入れるのではなくて、声の響きが鼻に当たるのです。
当てる、のではなく当たる。表と裏のバランスが整えば勝手に響くものです。
鼻の穴が両方塞がってようが鼻腔共鳴はできます。
片方が塞がっているのは普通のことだと思います。

というか鼻腔共鳴は科学的には否定されています。
声門閉鎖を促すための方便みたいなものです。


>発声以外で、歌の為に何かしていること

特にありません。
軽い筋トレをしてますが、これは健康のためですね。

2018/04/09 (Mon) 21:54 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/04/09 (Mon) 23:34 | REPLY |   

Leave a comment