筋トレと実戦は違う

筋トレだけでは試合に勝てません。
極端な発声練習だけを続けても歌は上手くなりません。

弓場徹さんや武田梵声さんのサンプル音源は「喉を鍛える(整える)ための発声」だと思います。
そのまま歌声として使える声でもなければ、成長過程の声でもないはずです。
失礼ですがフースラー系の人って、意識は高いけど歌唱力が低い人が多いような気がします。

俺はアンザッツやってるから今は下手でも仕方がない!
いつか、喉が完全に覚醒すれば……!

どうにもなりません。歌は下手なままです。
というか歌が下手なまま、喉は覚醒なんてしません。
自分の可能性を信じることは大切ですが、誇大妄想には気をつけてください。

関連記事:「YUBA信者とフースラー信者に告ぐ!

教祖さまはロックやポップスを歌っていましたか?
あの個性的なハイトーンで違和感なく歌えると思いますか?

弓場さんがオペラなら武田さんが浪曲(?)でしょうか。
自分の専攻に声が特化するのは当然だと思うので、ロックやポップスに流用するなら、
それぞれの声に使われているいくつかの要素を組み替えていく必要があるでしょう。
テキストにそこまでの説明がなければ、耳を頼りに自分でやらなければなりません。
複数の要素を正しく組み合わせて、自分の目指す声質・歌唱スタイルを追求するのです。

七つの奇声で喉を鍛えて、発声筋のバランスを整える。
スタートラインはすべてのアンザッツを連動させて同時に使うことです。
天然の歌ウマさんたちが意識せずに初めからできていることでもあります。

YUBAやアンザッツやSLSは強者の調整法あるいは弱者の救済法です。
それぞれが不完全なので本当の発声弱者は救えませんし、何十年続けても生まれながらの強者には敵いません。
弱者が強者になるためには? 中途半端な天然ミックスを圧倒するためには?
ひょっとこ顔で裏声出したり、半笑いでヘロヘロミックス出してちゃダメなのです。

関連記事:「ホーで裏声出してる人へ

ミックスボイスは一時的な現象にすぎません。
科学的なメソッドは現実的な幻想かもしれません。
手遅れになる(喉の機能が音楽的に死ぬ)前に、ちゃんと「おうた」の練習を始めましょう。
関連記事