ヘッド下ろし

ヘッド下ろし……裏声感覚の発声を中低音域まで下げること。

ヘッドボイスとチェストボイスがスムーズに繋がらない!

裏声アプローチャーにありがちな悩みですが、
そういう人たちはチェストボイスが正しく出せておらず、喉締めの裏声を「地声」として使っているケースが多いです。
地声の喉締めを緩める意識だけで、低音のヘッドボイスに聴こえることもあり得ます。

ヘッドボイス



裏声系の発声筋群がメイン≒ヘッドボイス。
なので高い声も低い声もヘッドボイスです。
チェストボイスに聴こえようがヘッドボイスです。
本人の感覚としてはチェストがまともに入っていないからです。
謎理論に見えるかもしれませんが、これであっさり解決する人が結構います。

ヘッド下ろし



音程降下に伴い「後上」から「後下」へ、後頭部を滑り落ちて喉元まで。
声の響きが前に大きく飛び出ない限り「ヘッドボイス」です。
音色と響きの方向を正しく真似できていれば「ヘッド下ろし」は一応完了です。
現象としては裏声が繋がっただけなので、ミドルボイスの習得は別課題です。
関連記事

 Comments

Leave a comment