言語ハンデ:日本語と英語

日本語と英語、言語による得手不得手


外国人の声は良く響く。
外国人は平均的に歌が上手い。
虚実はさておき、その理由には使用言語が深く関係していると思います。

トマトとTomato



※外国人っぽく発声しているだけなので正しい発音かどうかは知りません。

日本語だと口先で三文字「ト・マ・ト」です。
英語だと喉を開いて(声帯を伸展して)「トルネード」って感じです。
この違いです。アメリカ人はこれができないと日常生活に支障が出ます。
言葉が話せるようになったときから、各種の発声筋群が自然と鍛えられているということです。

関連記事:「声帯を引く方向(喉を開く方向)

文化と言語と国民性。これは属地主義の傾向が強いと思います。
生まれ育った日本国。慣れ親しんだ口先発声。これらを完全に切り離すのは難しいでしょう。
アメリカで生まれ育った日本人ならまだしも、十年以上アメリカで暮らしたとしても「アメリカ人の声」が出せるとは限りません。
逆もまた然りです。

日本語→カタコト英語



英語→カタコト日本語



日本人は喉を上手く開けない。アメリカ人は喉を上手く閉じれない。
ちゃんと自覚していれば試行錯誤、努力次第でなんとかなります。
留学しなくても英語は学べるそうです。教室でできることは家でもできるはずです。

私は帰国子女ではないし、先祖を遡っても外国人はいません。
そもそも英語が苦手な、ファッキンジャップくらい分かる日本人です。
なんとなくそれっぽく聴こえる理由は、私が喉を開いて「NO!」と言える性格だからでしょう。

解雇通告(日米比較)



特に英語は「感情」が必要な言語です。歌も感情表現の一つです。
ロック、ポップ、ソウル、レゲエ、ラップ、ダンスミュージック……。
ポピュラー音楽の歴史はそのまま西洋音楽の歴史とも言えます。

本場はアメリカです。はなから勝負になりません。
ジャップのモンキービジネスはステイツでは通用しないのです。






ちなみに、イギリス人は歌が下手な人が多いみたいです。
多くのイギリス人歌手は歌になると発音や発声がアメリカ英語的になります。
それはイギリス英語がボソボソとした口先発声だからです。

同じ英語圏なのに喉が開けていないのでアメリカ人用のメソッドが通用しない。
面長のイギリス人がYoutubeでボイストレーナーの悪口言ってるの見たことないですか?
なんだか親近感がわきますよね。日英同盟。共通するのは「口先言語」です。

関連記事:「話すように歌う?

喉を開いて声帯を伸展させる。アメリカ人の日常であり歌の基本です。
英会話を歌に活かしたいのなら、アメリカ英語を参考にしてください。

関連記事:「人種による発声の違い?
関連記事