鍛えるべき場所

声帯を伸展させて声や響きに個性を与える発声筋群。
地声と裏声のバランスを釣り合せるためには、自分に足りない要素と自分が鍛えるべき箇所を把握していなければなりません。
これを「なんとなく」のレベルでも自分で判断できない人には独学は難しいと思います。
友達の歌ウマさんか近所のカラオケ教室でもいいので、自分よりも歌が上手い人に生声を聴いてもらってください。

優しい声、柔らかい声、軽い声、細い声……裏声偏重。
力強い声、堅苦しい声、重い声、太い声……地声偏重。

それぞれに許容範囲があるとは思いますが、良くも悪くも「偏っている」。
声種を意識して使い分けられない、という意味での「偏重」です。

裏声偏重の人は前側の筋力が足りない。
地声偏重の人は後側の技術が足りない。
共通して下が弱い。上は制御ができていない。

これらは初級者にありがちなパターンですが、類型化したってほとんど意味はありません。
個人の発声バランスというのは相当複雑なので、具体的にどうするべきかは一人一人変わります。
鍛える順序や程度や頻度、効果的な練習法はまさに千差万別、一から十までオーダーメイドになるのが普通です。

結局何を言いたいかというと……今さらなのですが、
コメント欄のアドバイスは質問者に向けたものなので、第三者が参考にすると逆効果になる場合があります。
自分の声の特徴が分からない人は充分注意してください。
関連記事

 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/04/25 (Wed) 16:27 | REPLY |   

サモエド  

聴きました

>>すいすいさん

はじめまして。

>方向性は合っているかどうか

裏声は微妙なところですが、地声が明らかに間違っています。
中音域はボソボソとした話し声発声。高音域は喉を締め上げた志村ボイス。
奇声で高音が出ているだけなので、原キーにこだわっている場合ではないと思います。

>2時間くらい歌うと声が枯れてくる

高音域での喉締めが原因だと思います。

>非天然には厳しい

厳しいですが不可能ではありません。
まずは簡単な童謡をチェストボイスで歌ってみてください。

2018/04/25 (Wed) 19:51 | REPLY |   

Leave a comment