LとRの違い

英語の発音の話です。

L……舌を上の歯(歯茎)に押し付けて発声。共鳴腔が狭いので明るい音。
R……舌を引いて(落として)どこにも触れずに発声。共鳴腔が広いので暗い音。

日本人は特にRの発音が苦手だと言われています。
口先発声が主な原因だと思うので、喉を開けることが大切です。
舌の引き方がよく分からない人は語頭に小さく「ゥ」を入れてみると良いかもしれません。

Light(光) Lice(虱) Lead(鉛)
Right(右) Rice(米) Read(読む)

発音的には聴き取りにくいかもですが、意味的には間違えようがありません。
このくらい会話の流れで察して欲しいところですが、意地の悪い外国人ってたまにいますからね。

HAHAHA! ジャップはシラミを食ってんのか?

こっちはカタコトの日本語を笑ったりしないのに……くそぅ、敗戦国って辛いですね。
日本人には比較的発音しやすいはずの「L」ですが、語中や語尾に来ると舌を引かなければいけない場合があるので要注意です。
法則性はなさそうですが、喉がきちんと開けていれば特に意識しなくても使い分けられ……るわけねーだろ!

めんどくせー! 毛唐の言葉なんか知らんわ!

カタコトの日本語をしゃべる外国人がいたら嫌味の一つでも言ってやりましょうか。
そうでもしないと彼らのことだから、自分の日本語がネイティブレベルだと過信してしまうかもしれません。
黙って忖度ばかりしていても良いことなんてありません。それが日本の現状ではないでしょうか。
一回喧嘩に負けたくらいで卑屈になってんじゃねーよ、ってことです。

世界共通語やろが! 日本語訛りも認めろや!

このくらいの気持ちで取り組めば、喉も自然と開けてくると思います。
失敗ばかりを気にして自信なさそうに話す。これも「R」を上手く発音できない理由です。
関連記事

 Comments

Leave a comment