俺流アンザッツ:四声

中国語の声調とは無関係です。
独自の分離概念なので、ほとんどの人は知らないと思います。

声の響きは声帯を強く引っ張った方向に飛びます。
正しい音で一方向メインに引けば、それぞれの特徴(性格)が見えてきます。

関連記事:「声帯を引く方向(喉を開く方向)
関連記事:「発声の音色と方向

後下→前下→前上→後上



それぞれに適合する感情や苦手な言葉があります。
例えば一人称だと、後上で「俺」と前下で「僕」。多くの男性は言いにくいはずです。

各自の詳細なプロフィールは声の印象から勝手に想像してください。
個人的な分類としては前側が「加害者」で後側が「被害者」って感じです。
ちなみに後下君の好きな飲み物は「アサヒスーパードライ」です。

関連記事:「私のアンザッツは108番まであるぞ

前下⇔後上



後下⇔前上



それぞれの力関係というか、筋力バランスみたいなものですね。
人によっては行方不明がいたり、コールドスリーパーがいたり、終身刑がいたりもします。

具体的な分け方や練習方法は……個人差があり過ぎるので文字だけで説明するのは不可能です。
男性語、女性語、役割語がはっきり分かれている。この点に関しては日本語は有利だと思います。
自分で見つけられそうなら、色々とやってみてください。

四人が一人になれば、さすがに声は響くでしょ。
関連記事

 Comments

Leave a comment