ソフト? ハード?

柔らかいのは裏声寄り?
硬いのは地声寄り?
そうとは限りません。

力強く聴こえるけど裏声寄り。
よくあるタイプなので取るに足りません。
裏声ミックスを張り上げているだけです。

優しく聴こえるけど地声寄り。
こちらは貴重です。天性の声質、などと評価されている場合が多いです。
小田和正さんや草野マサムネさんみたいな「目は笑っていない」タイプの声です。

柔らかい声。優しい声。爽やかな声。
声のイメージだけを意識してしまうと「絶妙なバランス」の再現はほぼ不可能になります。
自分の声に「力強い響き」が抜け落ちていることに気づけないからです。

A.スピッツ/空も飛べるはず



裏声アプローチにありがちなタイプ。
本人は上達過程の声だと思っているかもですが、何年歌い続けてもその過程を抜けることはできません。
ノーチェスト・ノーチャンス。コツやテクニックでは何ともなりません。

B.スピッツ/空も飛べるはず



地声アプローチで無理をしているタイプ。
地声をここまで引っ張れる人なら、コツやテクニックで何とでもなります。

C.スピッツ/空も飛べるはず



D.スピッツ/空も飛べるはず



CとDのような「狭義のミックスボイス」はAとBの間に存在します。
Aの状態で停滞している人はB系統の努力を地道に続けると、C→Dの順で獲得できるはずです。
Bの状態で停滞している人はA系統の歌い方で感覚を掴むと、CもDも一日で獲得できるはずです。
苦労せずにCやDのように歌える人は、こんなブログを読んでいないと思います。

ミックスボイスは出せるのですが……。
ミックスボイスだとは思うのですが……。
ミックスボイスらしき声が出せるようになったのですが……。


これらのタイプは間違いなくAです。
だから私はチェストボイスを見直すようにアドバイスしています。
なんだか無言で消息不明になってしまう人がいるようですが……。
もしかすると「幼稚園からやり直せ」と指摘されたように感じているのでしょうか。
まあ……大筋はその通りなんですけどね。

数学ができないなら算数から始めるでしょ。
幼稚園から間違っているなら幼稚園からやり直してください。
理想ばかり高くて「空も飛べるはず」では、寝転がったまま奇跡を待ち続けるようなものです。
関連記事

 Comments

Leave a comment