奇跡のミックスボイス

良くも悪くも奇跡。
良くも悪くも個性。
良くも悪くもネイゾル。

関連記事:「歌唱法解説:ネイゾルミックス
関連記事:「悪質なミックスボイスに注意!



【モスキートミックス】


小声ミックスと息漏れミックスと鼻声ミックスの併発。
声量を上げると鼻声になる。正確には声量を上げると呼気が鼻から抜けていく。
蚊の鳴くような声量で歌っているぶんには「おしゃれなミックスボイス」に聴こえるが、声量を上げた途端に間抜けな鼻声ミックスに変わる。
最近の歌手や歌い手に多いタイプだが、MIXで簡単に誤魔化せるので生歌を聴かなければ判別は難しい。
それなりに歌えていて耳障りでないのなら、本人が納得している限り「悪い発声法」とは言えない。

【エルモミックス】


モスキートミックスの息漏れがマシになっている状態。
鼻声よりは志村に近いので経過に要注意だが、志村からエルモミックスに移行した場合は「逆戻り」の心配はほぼない。
高音は出る。薄い地声が均等に入るので声区による音色の変化が少ない。
声の響きは豊かに聴こえるが、上方の響きが分散しているだけなので動きもなく退屈。
これも最近の歌手に多いタイプで、MIXやエフェクトで誤魔化さないと個性が悪い意味で強すぎる。



奇跡のバランス。
佳境のジェンガ。

テキトーに触ると危ない、という意味です。
そういう声になるにはそれなりの理由があります。
お仕着せの奇跡を跳ね除けるにはそれなりの覚悟が必要になります。

関連記事:「正しい発声と使える声

個人的にはわりと好きな声質でもあるし……。
本人はそこそこ自信を持っている場合が多いので……。
ジェンガを壊してピラミッドを積み直しましょう、とは言いづらいです。
関連記事

 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/05/16 (Wed) 17:40 | REPLY |   

サモエド  

返信

>>ごくりさん

>無理な音域を喉絞めで張り上げるのはやめた方がいいでしょうか?

喉締めと声門閉鎖を混同しているケースがあるので、実際に聴いてみないと何とも言えません。

張り上げに関しては、声の響きが飛んでいる方向によります。
前側に強く飛んでいるなら、あまり心配はいりませんが、
背後や頭上に張り上げているならバランス云々の前に声帯が劣化します。

>極力ファルセットを使っていこう
>現状喉を育てる為にはその方が良い気がしている

声のバランス的に少し不安定な状態だと思うので、
ごくりさんの目指す方向性をきちんと確認した上で
現在の発声バランスを詳しく調べてみないことには返答はできません。

2018/05/16 (Wed) 20:50 | REPLY |   

Leave a comment