奇跡のミックスボイス

良くも悪くも奇跡。
良くも悪くも個性。
良くも悪くもネイゾル。

関連記事:「歌唱法解説:ネイゾルミックス
関連記事:「悪質なミックスボイスに注意!



【モスキートミックス】


小声ミックスと息漏れミックスと鼻声ミックスの併発。
声量を上げると鼻声になる。正確には声量を上げると呼気が鼻から抜けていく。
蚊の鳴くような声量で歌っているぶんには「おしゃれなミックスボイス」に聴こえるが、声量を上げた途端に間抜けな鼻声ミックスに変わる。
最近の歌手や歌い手に多いタイプだが、MIXで簡単に誤魔化せるので生歌を聴かなければ判別は難しい。
それなりに歌えていて耳障りでないのなら、本人が納得している限り「悪い発声法」とは言えない。

【エルモミックス】


モスキートミックスの息漏れがマシになっている状態。
鼻声よりは志村に近いので経過に要注意だが、志村からエルモミックスに移行した場合は「逆戻り」の心配はほぼない。
高音は出る。薄い地声が均等に入るので声区による音色の変化が少ない。
声の響きは豊かに聴こえるが、上方の響きが分散しているだけなので動きもなく退屈。
これも最近の歌手に多いタイプで、MIXやエフェクトで誤魔化さないと個性が悪い意味で強すぎる。



奇跡のバランス。
佳境のジェンガ。

テキトーに触ると危ない、という意味です。
そういう声になるにはそれなりの理由があります。
お仕着せの奇跡を跳ね除けるにはそれなりの覚悟が必要になります。

関連記事:「正しい発声と使える声

個人的にはわりと好きな声質でもあるし……。
本人はそこそこ自信を持っている場合が多いので……。
ジェンガを壊してピラミッドを積み直しましょう、とは言いづらいです。
関連記事