だいたい「前上」のせい

前上……声帯を前上方向に引っ張る筋肉群。

初級者の地声が見つからないのも、
中級者のチェストボイスが引っかかるのも、
上級者のファルセットが濁るのも、
有名なプロ歌手が喉を潰したのも、
だいたいはコイツらのせい。

関連記事:「声帯を引く方向(喉を開く方向)

無理して高音を出している人に「親切面」して手を差し伸べる。
そのまま常用して依存が進むと「支配者」として振舞うようになる。
地声を裏声をミックスボイスを「お笑い」に特化させるのが真の目的。
私はコイツらに「志村筋群」と名付けたい。

正しいチェストボイス → 前上混合チェストボイス



響いているように聴こえる。それがヤツらの洗脳手段。
肝心の「前下」が引っ込んでいるから「地声の筋トレ」にならない。
前上をくぐり抜けないと正しい地声は出せない。

関連記事:「正しいチェストボイス
関連記事:「悪質なミックスボイスに注意!

ハイラリンクスを目の仇にするつもりはありませんが、
SLS系の考え方も理解できなくもないです。

初心者には使わせない方が面倒がない!

基本ができるまでは「前上」に触る必要はない。
基本ができた後でも多くの歌唱法では添えるだけ。
添えるだけの意識でも「勝手に働く」から。
ヤツらの大好物は鼻声……特にデスボイスと女声です。

いらない世話をして、すべてを台無しにする。
無能な働き者にはメインの仕事を任せられません。
使用を避け続けて萎縮させるもの一つの手です。

上擦った自分の声を、心の底から嫌悪する。

独学者が「支配権」を取り戻すには、これ以外にありません。
関連記事