喉を開けッ!!!!!!

喉を開く。軟口蓋が上がり、舌根が下りる。アクビが出そうな状態。
まずは余裕のある音域で、アクビが出そうな状態を維持して歌う。
ハイラリンクス防止と正しい声門閉鎖のための、矯正ギブス。

喉を開けって……いまどき?
今さら? 当たり前? 時代遅れ? 聞き飽きた?

できてねーから、何回も何回も言ってんだよ!

ミックスボイスできてますか? 

できてねーわ! ブチ殺すぞ!

そもそもが脱力状態で喉は締まってんだよ。
人間なら誰しも「デフォルトで」締まってんだよ!
わざわざ「喉を開け」って言ってんだろうが。喉を締めない、じゃねえんだよ。
喉を開け! 気合入れて開け! アクビの途中で歌いだせ!
ちょっと試したくらいで、初心者が簡単にできるわけねーだろうが!

喉を開いて歌ってる歌手なんて、Superflyとオペラ歌手くらいしかいない?

アホか! プロ歌手以前に歌ウマなら全員開いとるわ!

喉が開けてねえから「喉声」って言うんだよ。
歌ヘタは喉締めが緩んだ分しか、声帯が伸展できてねーの!
だから声は上擦るし、響きの少ないキモ声になる。
無駄に力んで負担が偏るから、毎回毎回喉を痛めるんだよ。

喉開いてる限り、喉は締まらねえんだよ。こんなの幼稚園児でも分かんだろ。
喉が開ける範囲内で練習しろって、わざわざ初っ端に書いてんだろうが。
原理や定義ばーっか気にして、要の部分をことごとくスルーしてやがる。
耳が良いフリして自分の声すら聴けてねえ。頭が良いフリして「こくご」が分かってねえ。
こういうバカがメソッドを歪ませる。勝手に勘違いして声帯寿命を無駄にする。

じゃあ喉の開き方を「具体的」に教えて?

じゃあテメエの現状を「具体的」に伝える努力をしろよ!
それがめんどくせーなら、とっととレッスン受けろや!
クソ雑魚ナメクジの分際で独学でイケるとか思い上がってんじゃねえぞ!



私が「前下メイン」で突っ切ると、こんな感じになります。
いつもは「後上」や「後下」を足しています。日常生活に支障が出るからです。
食事も精神も発声も、バランスが大切なのです。

喉の開き方=喉仏の引き方

前下だけに開く=ヤクザ

前上だけに開く=シムラ

後上だけに開く=エルモ

後下だけに開く=ゾンビ

前下、前上、後上、後下……の発声筋肉群。
正式名称は――そんなのどうでもいいです!(本当はよくねえけど)
喉を開いて歌っていれば、そのうち全部動き出します。
どこが強いとかどこが基点とか、その人の癖であり生き様であり、立派な個性です。(いや、前上だけはちょっとヤベーだろ)

各発声筋群が稼動していなければ、喉が開けているとは言えません。
声帯筋と輪状甲状筋だけで構成された歌声は「人間の響き」を伴っていないことが多いです。
正しく喉を開く、ということは発声筋群が適切に稼動しているということです。

喉をしっかりと開く=声帯をバランス良く伸展する

おわかりいただけましたか?
ほぼ一年間、書いてることは同じなんです。
ボイトレ難民には色々とこじらせている人が多いみたいなので、
多方面からアプローチをかけているって感じです。
関連記事

 Comments

Leave a comment