どうでもいい

どうでもいいこと……そればかり気にしても無意味、あるいは逆効果なこと。

・腹式呼吸
・鼻腔共鳴
・ブレスコントロール

これらの要素を何より大切だと信じている人は是非とも歌声を聴かせてください。
フクシキ! ビクウ! ブレス! 一心不乱に唱え続けても歌は一向に上達しません。
初級者を惑わせる邪教であり、ボイトレ難民を生み出す温床です。
平成が終わろうとしているのに、大手のボイトレ教室でもそういう指導を続けています。

こういうのはコツでなんとかなる部分。
コツでなんとかできるってのは、高確率で「喉締め」が関与してるってことです。

パンチ力を上げたいのなら?
パンチに関係する筋肉を鍛えるでしょ?
正しいフォームで反復練習するでしょ?
いきなり「コークスクリューブロー」に挑戦しないでしょ?

どうして「喉だけ例外」だと思うの?


・声帯筋
・声門閉鎖
・輪状甲状筋

これらも本当はどうでもいいです。
あくまでも喉の内部で起こっていることなので、
変に意識することが「喉締め」や「喉声」の原因となります。

パンチは腕で打つ?
握力? 前腕? 上腕三頭?
それだけじゃ「手打ち」になるでしょ?



どうでもいい要素ばかりで発声が成り立つと本気で思い込んでいる人はそこそこ厄介です。
その場しのぎでテキトーなボイトレをかじってきた自称中級者に多いタイプですが、
狭い自室やカラオケルームでの練習経験が、路上やライブ等の実戦でも通用すると過信しています。

口先発声や小声で「上手く聴こえる風」に歌うのは全然難しくありません。
プロ歌手がすごいのはそのクオリティを保ったまま声を張れるからです。
大声量でもプロみたいに上手く聴こえるからです。

隣で歌われても違いが分からないということはないと思いますが、
誰かにボコボコにされたとしても「今日はこれぐらいにしといたるわ」的なメンタルだと……。

難民は受け入れるべきだし、助けてあげるべきだと思いますが、
せめて「困難を自覚し、自ら努力する者」であって欲しいものです。
関連記事

 Comments

-  

結局如何に喉や口元に負担をかけず自由にさせてあげられるかだと感じています
そのためには声帯周りは自動的に動かす、ものではなく他動的に「動かされる」ものであるという意識がまず第1に必要だと思います
ならどこで動かすか?
私は基本はお腹背中胸辺りの体周り、アクセントで頭、顔だと感じています
と言いつつ実際動かしてるのは喉元なのかもしれません
体の中で本当に何が起こってるかは私はわかりません
ですがその意識で喉付近の自由度が高まってるのは実感できています

2018/07/02 (Mon) 20:30 | REPLY |   

サモエド  

返信

>>名無しさん

その通りだと思います。
喉の外に意識を持っていくのが大切。
結果として出音が良ければ、実際のところは「どうでもいい」のです。

※各発声筋群は実際に存在しています。

2018/07/02 (Mon) 22:13 | REPLY |   

Leave a comment