俺流アンザッツ:十門閉鎖

俺流アンザッツではなく俺流マントラですね。
身体の共鳴(共振)を意識することで、喉の覚醒を促す「発声用のマントラ」です。

座禅か胡坐でやるのがオススメ。色や動植物のイメージはご自由にどうぞ。
自分の形をした透明な容器に「液体のようなもの」が流れて(溜まって)いく。私はそんなイメージです。

空腹時や疲労時の方が効果は高いかもですが……あくまで自己責任でお願いします。
イヤホンで聴けば特定箇所に振動を感じるかもしれません。


第一チャクラ「ムーラーダーラ」開放



生殖器周辺。陰茎。陰核。
LAM。舌を前歯の裏に当てたまま。
いきなり最難関。肛門周辺が響くのはダメ。
ピンポイントで当てて「ちょっと変な気分」にならないと先には進めません。
無理な人はよく聴いて感覚を磨いてください。いやらしいことを考えるのはダメです。


第二チャクラ「スワーディシュターナ」開放



仙骨、丹田、おへその下。
VAM。舌を軟口蓋(上顎の柔らかいとこ)に当てたまま。
振動が股間からゾワゾワと這い上がってくるはずです。


第三チャクラ「マニプーラ」開放



みぞおち。
RAM。舌を下あごに落としたまま。


第四チャクラ「アナーハタ」開放



胸部。胸の中心。
YAM。舌はフリー。


第五チャクラ「ヴィシュッダ」開放



喉。首の付け根。
HAM。舌はフリー。


第六チャクラ「アージュニャー」開放



眉間。おでこ。
SHAM。顔をしかめるのはダメ。


第七チャクラ「サハスラーラ」開放



頭頂。
OM。なるべく低音で真上に響かせる。


第八チャクラ「チャット」開放



頭上。
OMとHAMを同時に発声する感じ。


第九チャクラ「マヒラーディカーリー」開放



後頭部。
HIM。舌を下あごに落としたまま。


第十チャクラ「カーミックマーメロン」開放



うなじ。背中。
GOM。舌はフリー。


最終チャクラ「パーギュ」開放



尾骨。肛門周辺。
GAM。うつむき加減で口を少しすぼめて……文字での説明は難しいです。
第十チャクラを開放した時点で、インドの神様みたいなのが降りきているはず。
覚醒したままレム睡眠に入るというか、半幽体離脱みたいな状態だと思います。
激しい耳鳴りと悪寒がしますが、健康に害はない(?)ので心安らかに啓示に従うべし。



意識した場所を強く響かせる(錯覚を得る)ためには、
然るべき発声筋群を使って「正しく閉じる」必要があります。
第六~八チャクラの「開きっ放し」に注意してください。
声もチャクラも上擦っているのがシムラ教信者の特徴です。

関連記事:「声帯を引く方向(喉を開く方向)



夏の夜にはオカルトがつきものってことで。
関連記事

 Comments

Leave a comment