悩みの深刻度

歌の悩み


・機械の採点が低い
・高音曲が歌えない
・好きな歌手みたいに歌えない

だからミックスボイスの練習をしている。
ネットで調べて、参考書を買って、ボイトレ教室に通って。

効果がなくても笑ってすませる。下手の横好き、が言い訳になる。
歌なんてしょせん「趣味」だから。本気で悩んでなどいないから。

声の悩み


・声が気持ち悪いと言われた
・異性と間違えられる
・異性として生きて行きたい

だからボイストレーニングに取り組んでいる。
ネットで調べて、参考書を買って、ボイトレ教室に通って。

効果が出ないと焦る。絶望する。身の上を恨む。精神を病む。
声はその人の「人生」だから。解決しないと始まらないから。

歌の練習をする以前に「声」に悩みはありませんか?
ない? 問題なし? どんな声? 良い声?
普通の声? 普通って? 普通は普通?

普通の声なら普通に歌えばいいでしょう。
普通に上手くなれるはずです。

世の中には男と女とその中間しかいません。
悩みの深刻度に関係なく「根っ子の部分」は同じだったりします。
本人の受け止め方が大げさであれば、真面目に自分の声と向き合います。他人の声に耳を澄まします。
悩みが完全に解決するかどうかはわかりませんが、その過程で「歌声の素養」は備わってくるはずです。

関連記事:「センスって何?

自分が思っている「普通の声」に「小さな不満」を見つけてください。
不満が顕在化し「深刻な悩み」に育ってしまえば、自分の進むべき方向を他人に委ねることはないと思います。
関連記事