習熟期間

チェストボイス3年

ヘッドボイス6年

ミックスボイス9年

数字に何の根拠もありません。
なんとなく書いてみただけです。

人間は工場出荷状態に戻すことができないので、
習熟期間は各器官の使用状態と環境によるでしょう。
普段の発声習慣が正しければ「アドバンテージ」を生み出し、
間違っていれば「ハンディキャップ」や「難病」を生み出します。

喉声(鼻声・志村声・口先発声)は最凶のハンディキャップと言えます。
そしてボイトレ難民はハンデをハンデだと気づけない人ばかりです。
耳が育っていないから、自分を疑えないから、自分を信じるしかない。
本当は阻害されているのに、サポートされていると信じ込んでいる。
長い時間をかけてゆっくりと、自分自身を洗脳してしまっている状態です。

洗脳自体は容易に解けます。
簡単な声真似ができなくて、彼らは途方に暮れます。
ハンディキャップの分だけ絶望の闇が広がります。
アドバンテージの分だけ希望の光が照らします。
15分で歌ウマになれる人もいるかもしれません。
一生喉声を抜け出せない人の方が多いかもしれません。

これだけは言えます。焦るとロクなことはない。
近道や抜道は元の道……シムラロードに通じています。
正道や王道は棘の道です。棘を立派に育て上げたのは今までの発声習慣です。

三ヶ月で黒帯取りたい! いきなり地方大会で優勝したい!

これは現実的な願望ですか? なんとなく無理だと思いませんか?
歌や発声に関しては比較的身近なだけに、距離がわからなくなるのかもしれません。
心の底では自分のことを「漫画の主人公」だと思い込んでいる人が多いのです。
現実は残酷です。天賦の才能ではなく自業のハンデを負った主人公のお話です。

正拳突き、構えて!

本気で強くなろうとしている弟子に「胴回し回転蹴り」から教える師匠はいません。
基礎筋力や運動神経がないと転んで怪我するだけですから。

正拳突きのやり方知ってます? ネットで調べる? Youtubeで見た?
その「正しいフォーム」とやらで10回……100回……10000回……。

それ本当に合ってます? もし間違ってたら? 変な癖がつくだけじゃないですか?
その変な癖を直すために同じくらいの練習時間がかかると、何度も言っているわけです。

習熟期間は本人の「慎重さ」と「本気度」に左右されます。
喉の鍛錬は手軽ではあっても容易ではありません。
鏡でじっくり観察しても「中身が見えない」のです。
関連記事

 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/08/08 (Wed) 21:35 | REPLY |   

サモエド  

返信

>>Mさん

耳が良ければ完全独学でもなんとかなりますが……。
私の音源が本当に理解できる人は、他人のボイトレブログなんて見ていないでしょう。

これ見よがしにお手本を上げて、偉そうに持論を垂れているはずです。

2018/08/08 (Wed) 23:17 | REPLY |   

Leave a comment