声の劣化≒声の老化

正しいチェストボイス……メインのバランスは下り坂。前下+後上+α。
正しいヘッドボイス……メインのバランスは上り坂。後下+前上+α。
正しいミックスボイス……組み合わせは自由自在。

私のやり方で基礎から練習を続けている限り、チェスト音域を鼻声でフガフガ歌っている「成長段階」はありません。
今まで口先発声や志村発声をやってこなかった人が感覚を掴むために「フガフガ」や「ヘロヘロ」を試してみることはあります。
ごくごく短時間の発声でも「喉がイガイガする」が才能タイプの感想です。
彼らはいつも健康的な歌い方をしているからこそ、その違和感に気づくことができます。

じゃあ普段から「フガフガ」や「ヘロヘロ」ばかりで歌っている人たちは?

打撲や捻挫なら多くの人が気をつけるでしょう。
見に覚えのない内出血だと? そもそも気づけないでしょう。

不健康な歌い方ばかりしていると、声の老化が早まります。

声量は出ない。迫力もない。
なのに喉に悪い。自覚は難しい。
練習熱心なほど喉のイガイガが常態化する。
歌ヘタさんのまま不可逆的に声帯が劣化する。

弱々しく上擦った鼻声・喉声・志村声。
ただ音が出ているだけの耳障りな高音。
明日を顧みない刹那的な歌い方。

指導者の端くれとしては看過できません。
鼻にかけた声というのは、得意げになっている人の特徴です。
やんわりと指摘しても、聞いてるフリで効いていないのです。

チェストボイスを見直してみます!

口ではこんな感じでも、現状でなんとかやりくりしようとします。
これは深層心理の話です。このブログを始める以前から、何年も前からウンザリしている事例です。

悪熱の喉には冷や水を浴びせる。厳しい言葉でないと彼らは自覚してくれません。
ふて腐れて歌うことをやめてくれるなら、それはそれで御の字って感じです。

不可逆……その状態に変化したら、もう元には戻らないこと。
いったんオッサン化・オバサン化した声帯粘膜は、二度と元には戻らない、という意味です。

青春を知らずに老いゆく声。
土中に朽ちる幼虫のごとし。

儚いというか、普通に不憫でしょ。
いざ本気になったときには、もう手遅れなんだから。
関連記事

 Comments

Leave a comment