第三の性

ドイツで「第三の性」を認める法案が閣議決定されました。

男でも女でもない。
男にも女にも聴こえる。
男と女の区別がつかない。

そんな声質が現代日本で増えていることを皆さんご存知でしょうか。

第三の性「シムラー」の発現です。

喉声を鼻にかけて高い声を出す……女声。
喉声を鼻にかけて低い声を出す……男声。

両声類の正体見たり「シムラー」です。
そっち系の人って男も女も志村発声だらけです。
地声の高い男子と地声の低い女子が、志村発声の「男女」を兼ねているだけのように思えます。

鼻にかけて声を太くする。

なんという、安易なやり方……!
しかし、安易なやり方だからこそ、初心者がハマるッ!

ボイトレ動画上げてる人は大体シムラーです。
偉そうに語ってるボイストレーナーも大半はシムラーです。
若手の声優さんにもシムラーは多いような気がします。
というかコメント欄の音源も半分くらいシムラーです。
そういう世の中なのでしょうか。もういっそ迎合しちゃいましょうか。
声質のジェンダーレスですね。素晴らしいことです。



20XX年。世界は核の炎に包まれた。
荒廃する人心。黙示録にある天変地異。
混沌が支配する四半世紀を経て、人の世に再び秩序をもたらしたのはシムラー(志村の民)であった。
シムラーの都、シムシティ。

ハイル・シムラー! ハイル・シムラー!

虚飾の空に、上擦った絶叫が鳴り響く。
鼻にかけることこそが「正義」であり「美徳」であり「絶対」。
異質は矯正されるか排除される。これが民主主義の鉄則である。

猿轡を噛まされた老人が、第17収容所に連行された。
彼はかつて反社会的団体「正胸声連」を統率していた男だった。
チェストボイスの強い人間は、国策として声帯切除の手術が実施される。
欲望や本能が口から出ると、争いごとの火種になるからだ。

社会平和のためには当然の措置といえるのだが、
理解できない野蛮人だからこそ、レジスタンスに人生を捧げたのだろう。
青白い顔に諦念を浮かべて、最後の言葉は「シムラ万歳」だった。



シムラ万歳! シムラ万々歳!

お手軽にミックスボイスが出せて、高音曲も普通に歌えるぜ!

正しいチェストボイスとかワケのわからん発声筋群とか……。

なんかさ、面倒臭いでしょ?

もうさ、シムラでいいじゃん! 

みんなでシムラーになっちゃおうよ!

ちなみにシムラーはデスボイスとも親和性が高いです。
ニコニコの歌い手とかでデスボイス出してる人って結構いますよね。

喉声を鼻にかけて呼気で歪ませる……デスボイス。

デスボイスというか、たぶん「国産デスボイス」です。
海外だとやっている人が見つからないので。

でもいいじゃん! 日本人なんだから!

笑いの神(シムラ)のご加護を受け入れよッ!

シムラ万歳! シムラ万々歳!
関連記事

 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/08/26 (Sun) 09:55 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/08/26 (Sun) 10:44 | REPLY |   

サモエド  

返信

>>布団さん

>喉が開いていてもシムラー

前上にだけ開いている(依存している)と普通にシムります。
チェスト音域での声の上擦りを自覚できれば防げるはずなのですが……。
みなさんチェストボイスになんか興味がないんでしょうね。

喉の開き方を工夫する。
出音が改善するまで試行錯誤する。

もう少し具体的には、

シムラを跳ね除けて他を使う。←理想
シムラを押さえつけて他を強化する。←現実
シムラはいったん受け入れて他もだましだまし使っていく。←つらい現実

どのルートを進むにしても、ある程度のセンスと耳力が要求されます。
なので自分の声が気に入っているのなら、シムラーでも別に構わないのでは、と思わなくもないです。

2018/08/26 (Sun) 10:50 | REPLY |   

サモエド  

返信

>>Mさん

お察しします。全文同意です。
耳をいたわってあげてください。

2018/08/26 (Sun) 10:56 | REPLY |   

-  

プロの歌手でシムラーな方々、シムラー予備軍的な方々を教えて頂けますか?

2018/08/26 (Sun) 11:46 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/08/26 (Sun) 17:56 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/08/26 (Sun) 19:20 | REPLY |   

サモエド  

返信

>>名無しさん

>プロの歌手でシムラー

ボイトレ始めてシムラー化する人もいますので、
予備軍まで含めると大変な数になります。

この人はシムラー?

みたいに尋ねられれば返答できるかもしれませんが、
あくまでも「私の感覚」や「美意識」なので、それを知ってもあまり意味はないと思います。
自分が聴いた時にどう思うか、その声を出したいかどうか、が大切です。

2018/08/26 (Sun) 19:59 | REPLY |   

サモエド  

聴けません

>>あこさん

はじめまして。
パスワードがわかりません。

2018/08/26 (Sun) 20:00 | REPLY |   

サモエド  

返信

>>布団さん

>最強のシムラーって誰ですか?

そんなもん、志村けんさんに決まってるでしょ!

厄介という意味での最強なら、やはり喉声ミックスの熟練者でしょう。
プロになれるほどシムラ要素が馴染んでしまうと、矯正はほぼ不可能といって良いです。
まず間違いなく、自覚ができませんから。

でも普通の人にはシムラーに聴こえないはずだし、
すでにファンが付いてるなら何も問題はないと思いますけどね。
個人名までは挙げませんが、アニソン系の歌手にチラホラ見かける印象です。

2018/08/26 (Sun) 20:01 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/08/26 (Sun) 20:59 | REPLY |   

サモエド  

聴きました

>>あこさん

>地声と裏声の境界の音域が苦手です。

相羽さんがそこらの男性歌手より地声(チェスト)が強いので、比べてしまうと酷なのですが……。
発声法が根本的に違います。男性と女性くらい違います。

あこさんはロックではなくて、どちらかというと合唱とか声楽系の歌い方になってます。
低い裏声と高い裏声で歌い分けているように聴こえます。
地声が違う。そう言われてもピンと来ないでしょうけど。

発声筋群としては後下(うなじ方向)ばかり稼動していてバランスが悪いです。
息が続かない、ではなくて「同じ筋肉ばかり使っているから喉が詰まってくる」ではないでしょうか。

改善案は目指す方向性によりますが、原曲みたいに歌いたいのなら、
前下(鎖骨・胸方向)の発声筋群をしっかり覚醒させないとお話になりません。
ヒステリックじゃない怒鳴り声や叫び声を出す必要があるので……おしとやかな女性には難しいです。

後上(後頭部方向)を意識してみるというのも有効ですが、
これも動きが鈍い(重い)ように聴こえるので、もしかすると前下の休眠状態と連動しているかもしれません。

とりあえずファルセットは出せますか? 

https://fixedmix.blog.fc2.com/blog-entry-214.html

これの「裏声ハイトーン(ハイテンポ)」をやってみてください。
まったく真似できない場合は、たぶん独学では厳しいと思います。

2018/08/26 (Sun) 21:59 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/08/26 (Sun) 22:29 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/08/27 (Mon) 08:40 | REPLY |   

サモエド  

返信

>>名無しさん

>その時歌において分かれ道になるポイントを察することが出来ました

運が良かったですね。
生で聴くのが一番ですが、何録音しても化け物は化け物です。
声の響きから推察される身体の大きさがネズミとトラくらい違います。
下の音が聴き取れないと「相手の強さ」がわからないのです。

2018/08/27 (Mon) 09:33 | REPLY |   

Leave a comment