鼻にかけるのもほどほどに

得意がるな、という意味ではありません。
鼻腔共鳴に頼り過ぎないでくださいってことです。

鼻にかけると高音が出しやすく感じる人は多いと思います。
その歌い方のままプロになった人もいます。
共通しているのは「鼻声」でないと高音が出せないことです。

・濁点がつく
・滑舌が悪い
・クセの強い声質
・基本張り上げ気味
・なんかフガフガ言ってる
・首周りに力が入っている

あえてその歌唱法を選んでいる人もいるでしょう。
実力派や個性派として地位を築いている人もたくさんいます。
でも発声の見地からすると脱力を習熟させないまま楽な方法を選んだ末路ともいえます。
アクビ喉がキープできないから、喉の共鳴スペースが狭いから鼻腔に頼ってしまうのです。

ミックスボイスもどきの人に多い「志村声」もこの一種です。
裏声はなんとか閉鎖できているものの、喉が開けていないので喉締めと鼻声で高音を出してしまいます。
私の理論からすると「アクビ喉という基本中の基本をすっぽ抜かした状態」です。
習得の順序を間違えると余計な苦労をすることになります。
苦労というか徒労かもしれません。ほとんどのケースでは習得まで行き着かないと思います。
ミックスボイス完成の鍵は「最初の村」にあったのです。声帯を消耗し切る前に「ふりだし」に戻ってください。
志村の先には志村しかいません。志村を強化しても「力強い志村」になるだけです。
というか志村さんに失礼ですよね。あれは「ネタ」としてやっているんですから。

鼻腔は「経由地」であって「目的地」ではありません。
ノーズボイスではなくヘッドボイスです。その意味を理解してください。
関連記事

 Comments

Leave a comment