ヘッドボイスを3秒で習得する方法 ver.1.09

というタイトルですが、
ヘッドボイスの習得に3秒もかかりません。

ヘッドボイスなんて赤ちゃん用の発声法です。
ファルセットだの声門閉鎖だの赤ちゃんは気にしちゃいません。

物心ついても、声変わりしても、
その記憶を喉は覚えています。今でも日常生活で使っているはずです。
嬉しいときやビックリしたとき、テンションが上がっているとき……。
チャイムや電話に応答するとき、いつもよりも声が上擦ってる感じじゃないですか?

それがヘッドボイスです。

ヘッドボイス



これと同じヘッドボイスです。

ここまで強烈なヘッドボイスを出せる人は珍しいでしょ?
その私が断言します。それもこれも同じヘッドボイスです。

もしヘッドボイスが出せないってことなら、その感覚を歌に活かせていないってだけでしょう。
ヘッド要素が入りやすい場面や感情というのは個人によって違いがありますが、
実は「ヘッドボイスじゃないと出しにくい言葉」というのをいくつか知っています。
その中でも強力な「ヘッドボイスじゃないとたぶん出せない言葉」を発声してもらうだけです。

通信レッスンでの再現率は99.89%、対面レッスンだと100%。

ヘッドボイス? ……出したことないです。

みたいな人でもhiE(E5)くらいまでなら、いきなり出せちゃうっぽいです。
方向性も間違えにくいはずなので、たぶんこれなら独学でも行ける……と思います。

・ヘッドボイスが出せない(と思い込んでいる)
・裏声系の筋肉を鍛えたい(ストレッチしたい)
・レッスンは受けられない

そういう人にオススメします。
出せると使いこなせるは同じ意味ではありませんが、
適当にやってるだけでもヘッドボイス用の筋群と伸展感覚は育っていくでしょう。
なんと言ってもヘッドボイスでしか出せないはずの言葉ですから。
おぎゃあ、とかじゃないですよ? 普通にチェストで出せますからね。

ヘッドボイスを3秒で習得する方法


ご入金確認後、メールアドレスに「zipファイル」を添付送信いたします。
銀行振り込みご希望の方やファイルの送信漏れが疑われる場合は、
お手数ですがメールフォームからご連絡ください。
関連記事