志村発声の行き着く先(深刻化≒進化)

シムラーを温かく見守るシムラー

シムラー時代を懐かしむシムラー

歌ウマにアドバイスするシムラー

なんともシュールな光景ですよね。
志村要素も使いようです。多くのジャンルで必要……必要悪です。
常時発動していて自分では使っていることに気がつかない。
だから病的だと指摘しているのであり、矯正すべきだと繰り返しているのです。

志村発声はなぜ素人臭く聴こえるのか


志村発声でしか歌えないプロ歌手なんて、そうそういないからです。

良性のシムラがあるとすれば、それは分かりやすいシムラです。
喉締めや志村発声につきものの「不快な音」は警告音ともいえます。

おいおい、さすがにそれはないだろう

みたいな、歌の神様の哀れみとか気まぐれみたいなものかもしれません。
初期は自覚できているはずなので、改善の意識をしっかりと持てば重症化は防げるはずです。

しかし、

神様からの警告を無視して志村発声で歌い続けていると、間もなく志村要素が喉や耳に馴染んでいきます。
その後はパラダイムシフト的な発声法の大変化でもない限り、前上病(シムラ病)は着々と進行していきます。
わりと短期間……たぶん三ヶ月もあれば、脳や神経までもが志村発声用のシステムに書き換えられてしまうのです。
一言でいえば「変な癖がつく」ってことです。

鼻にかける、という慣用句の意味を思い出してください。
前よりもマシになった、は深刻化しているサインです。
慢心や油断、心の隙間にネットリと癒着するのが志村要素なのです。

関連記事:「残念な発声



とはいえ、
志村ベースの発声はいつしか「喉声ミックス」へと進化(深化)します。

関連記事:「喉声ミックスボイス

ミックスはミックスでも喉声ミックス。シムラーの進化形です。
ここまで来てしまうと「素人臭さ」は普通の人にはわからないかもしれません。



稲葉さんだけではなく色んな人が出てきますが、本家と聴き比べるまでもないでしょう。
喉声でもテレビに出られるし、見てるみんなが喜んでくれる。
素人のカラオケレベルで「そんなこと」を気にしている人は珍しいはずです。

ボイストレーナーとかに多いタイプだし、有名なプロ歌手にもいないわけではないです。
うーん……。韓国人の歌手に多いかもです。
K-POP最新ランキングとか見るとほとんど喉声ミックスに聴こえます。

でも「K-POP」はすでに「J-POP」を超えているらしいです。
私は知らなかったのですが、どうも世界的にはそういうことらしいですよ。
ビルボードにまで通用しているなら、喉声ミックスでも特に問題はないはずです。

わかりました?
私は「個人的な好み」を読者や生徒に押し付けている、ということです。
師匠と弟子の声が似る。多かれ少なかれ、そういうことってあるでしょ?

指導者の「歌声」をしっかり聴いて判断しないと、
自分の中に揺るがない「価値基準」を持っていないと、
トンデモナイ方向に連れて行かれることもある、ってことです。

関連記事:「どうしてインチキがのさばるのか

でもレッスンの冒頭で聞いています。
好きな歌手は? 憧れているアーティストは? って。
そこで喉声ミックスの歌手名が出た場合は、ちゃんと専用のルートも用意しています。
だから、そこまで気にしなくても大丈夫です。

中途半端だから違和感が出る。

受け入れて突き抜けるなら、最終的には問題はない、

場合もある……かもしれない?
関連記事

 Comments

ありんこ  

本能的にk-pop歌手の声が苦手でした。独特の終始上ずったみんな同じ声質 
声真似の人達もそうですが、声をつくろうとカッコつけようとするほど志村神の加護が強くなりますね(笑) 安易な達成感、勘違いの万能感の影に志村神 
本当に恐ろしいです

 

2018/10/09 (Tue) 17:15 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/02/24 (Sun) 11:16 | REPLY |   

サモエド  

返信

>>名無しさん

>Mr.シャチホコさんは

喉声ミックスには聴こえません。

2019/02/24 (Sun) 11:56 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/02/24 (Sun) 12:42 | REPLY |   

Leave a comment