歌唱法解説:UVERworld/CORE PRIDE

TAKUYA∞さんは高音も低音もきっちりと出せるボーカリストです。
地声と裏声のバランスもすごく良いので、ミックスボイス(特にミドルボイス)のお手本にオススメです。

注意点としては、この曲に限らずラップ部分をボソボソと喉声で歌わないようにしてください。
恥ずかしがったりして、そつなくこなしてちゃNONOです。
喉声の感覚を引きずったままミドル域でシムってる人が多いような印象です。

譜割りを覚えるついでにミドルボイスの狭い範囲内で歌い分けてみましたが、

A.UVERworld/CORE PRIDE(チェスト寄りミドル)



B.UVERworld/CORE PRIDE(ミドル寄りミドル)



C.UVERworld/CORE PRIDE(ヘッド寄りミドル)



あまり変化はないですかね?
ミドル域が長く続くのでどれで歌ってもキツイのですが、
スタミナ消耗度は A>>>>B>>C って感じです。
単純に最後に歌ったので、Cが一番マシに聴こえるかもしれません。

どのバランスを目指すにしても、まずはチェストボイスを習熟させてください。
ヘッドボイスだけではミドルボイスは……あまり鍛えられません。
声が強いか弱いか、地声に聴こえるかどうかは「地声の強さ」に依存するからです。
よく考えれば当たり前のことなのですが、この点を無視している人が少なくないのです。
関連記事

 Comments

Leave a comment