チェストボイスやアクビ喉の本当のところ

正しいチェストボイスは筋トレ用です。
鎖骨や胸を意識して気合を入れて発声します。

一般的な意味での「チェストボイス」は「結果的に胸が鳴った方が良い」というか、
鎖骨や胸なんか意識しない方が上手く聴こえるし、響きも自然で美しいはずです。
声楽やオペラの先生はこんな感じで教えてくれると思います。

結果的に鳴るチェストボイス



ささきいさお/宇宙戦艦ヤマト(終点チェスト)



しかし、

結果的に鳴るぶんの「適度なチェスト」が存在していなければ? 上手く反応しなければ?
ないチェストは永遠に鳴らない。だから筋トレ用の極端な発声をやらなきゃいけない。
無論、天然の歌ウマさんには必要のない練習段階です。

喉仏を斜め四方向に引っ張る四つの筋肉群がある。
アクビ喉を正しく意識できれば「後下」方向が主に開く。

後下(ゾンビ筋群)は多くの歌ウマの発声基点であり、
その制御と強化は様々な悪発声の予防・矯正に繋がる。
無論、天然の歌ウマさんには必要のない知識です。

関連記事:「声帯を引く方向(喉を開く方向)

地声から間違っている人がいる。
無理に力を入れなければ、何も始まらない人がいる。
歌うことのハードルが下がっているため、その底辺は底なし沼です。

底辺の人たちは普通の方法では上手くなれないから、
こんな怪しいブログにまで、たどり着いてしまうのです。

真実を探している者を信じよ
真実を見つけたものは疑え
~ジード~

注意されるうちが華、って本当だと思います。
苦言や小言って、指摘する側からしても決して気持ちの良いものではないです。

あと、ついでに

アクビ喉、じゃなくてアクビしそうな喉!

アクビ喉≠アクビしてる喉
アクビ喉≒アクビしそうな喉

関連記事:「アクビ喉の意味を再確認!

頭ではわかっているけど、いつの間にか……みたいな。
どうにも練習中に、アクビ喉の意味がすり替わってしまう人が多いようです。
共鳴腔のミスマッチや過緊張の原因となるので、十分に気をつけてください。

限界付近の高音域や張り上げ歌唱時以外は「アクビしそうな喉」です。
いつでもアクビできる状態ではありますが、アクビはまだしていません。
個人差はありますが「普通の喉」とそこまで変わりませんから、滑舌がめちゃくちゃになったりもしないはずです。

本当、気をつけてください。
どこかに張り紙しておくといいかも知れません。
関連記事

 Comments

gk  

あくび喉にすることができても、その状態で発声しようとすると、声にすることができません。

あくび喉の状態から声を出すにはどの様な意識でやればいいのでしょうか?

2018/10/22 (Mon) 15:38 | REPLY |   

サモエド  

返信

>>gkさん

あくびの位置が高すぎるかもです。
あー、とか、おー、とか。
低めの声が出せるアクビ加減を探ってみてください。

2018/10/22 (Mon) 19:28 | REPLY |   

Leave a comment