人間の適当さ

人間の耳と記憶なんてかなり適当です。
人間というより、私の耳と記憶がテキトーってことの検証です。

Whitesnake/Love Ain't No Stranger



いくつもミスはありますが、とりあえずは「こう」歌いたいわけです。

鼻歌混じりに。小声で口ずさむ。
作業中やお風呂場だと、なぜか楽に歌える。
そういう経験がある人は多いと思いますが、それって本当に「原曲」なのでしょうか。
ものの試しに、シャワー中の「あの感じ」を再現してみると……。

●3●<彼はバスルームでしか歌ったことがなくてね



いつもだと最初のキー(-2)で突っ切ってしまうと思います。
直前の記憶に救われた格好ですが、「ああ、これこれ」って感じで歌い切りましたけど、
本当にそれで合っているのでしょうか?

アレンジで通用しますかね?



酔ってるのかコイツは。要らんことしすぎだろ。
フラット癖は地声マンの宿命とも言えますが……これは明らかにアウトです。
やっぱり適当に歌ってちゃ「歌の練習」にはなりませんね。
関連記事

 Comments

Leave a comment